「キム・ボクジュ」ナム・ジュヒョクとイ・ソンギョンの可愛いスチールカット公開

「力道妖精キム・ボクジュ」 

『力道妖精キム・ボクジュ』が今日(11日)の最終回を控えてかわいいスチールカットを公開した。

MBC水木ドラマ『力道妖精キム・ボクジュ』(脚本ヤン・ヒスン、キム・スジン、演出オ・ヒョンジョン、ナム・ソンウ、制作チョロクベムメディア)で血の汗を流した努力の末、重量挙げの代表になった重量挙げ選手キム・ボクジュ役、自らを苦しめたトラウマを克服して希望に満ちた明日を準備している水泳選手チョン・ジュンヒョン役を担って演技をしているイ・ソンギョンとナム・ジュヒョクのかわいいスチールカットが公開された。

何よりも劇中、小学校の同級生だった2人は友達として過ごしてから恋人に発展した後、愛情いっぱいの日々を送っている。これと関連してイ・ソンギョンがナム・ジュヒョクの前で罰を受けるシーンが公開されて好奇心を刺激している。

このシーンは、去る8日、ソウル市松坡区韓国体育大で撮影された。撮影でイ・ソンギョンは恋人に自分の過ちを告白する「世間知らずなガールフレンド」に完璧に憑依し、不機嫌な表情で嵐のようなセリフを滑らかに消化し、演技力を証明した。ナム・ジュヒョクはそのようなイ・ソンギョンを温かい表情と会話で包み込み、スタッフたちの胸キュンを誘った。

制作会社チョロクベムメディア側は「ボクジュとジュンヒョンカップルの恋は、争っては和解し、泣いては笑ってを繰り返していく」とし「今日放送される最終回は、たとえドラマとしては最後かもしれないが、私たちの青春の永遠の始まりでもある。これまで送ってくださった愛に感謝して、最後まで良い作品を作るために最善を尽くしたい」と明らかにした。

昨年11月に始まり、熱い声援の中で放送されたMBC水木ドラマ『力道妖精キム・ボクジュ』は11日(今日)午後10時、16話(最終回)を最後に幕を下ろす。
  • シックニュース チョ・ヘジン記者 / 写真=チョロクベムメディア | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-01-11 09:39:00