ナム・ジュヒョク「可愛く純粋に見てくださり感謝している…しかし」


俳優ナム・ジュヒョクが可愛くて純粋なイメージ以上の「何か」に対する欲を表わした。

ナム・ジュヒョクは12日午後、ソウル合井洞のあるカフェで毎日経済スタートゥデイとMBC水木ドラマ『力道妖精キム・ボクジュ』放送終了インタビューを進行した。

ナム・ジュヒョクは劇中、ハンオル体育大学在学中の水泳選手チョン・ジュンヒョン役を演じ、イ・ソンギョン(キム・ボクジュ役)と21歳のいきいきとしたキャンパスロマンスを繰り広げた。劇中、男友達から彼氏に発展していく様子を純粋ながらも憎めない可愛さで描き出して好評を博した。

この日、ナム・ジュヒョクは自分自身を可愛く純粋なイメージで見つめる大衆の視線に対して「感謝しています」としながらも「他の魅力をお見せしたい気持ちも大きいです」と伝えた。

ナム・ジュヒョクは「そう見てくださる視線はありますが、あまりにも深く、そのようにだけ考えては欲しくないという気もします」とし「男らしい性格を見せたいと思う時もあります」と話した。彼は「男らしい姿、強い姿もお見せしたいのに、まだ人々にはそのような(可愛い)イメージが大きいようです」とし「今は、他の魅力をお見せしたいという気持ちが大きいです」と話した。

悪役へ変身する抱負も明らかにした。ナム・ジュヒョクは「とても可愛くまろやかなイメージなので、想像できないだろうとは思います」とし「もしそのような役を演じるなら、今とは反対のイメージを持つことが出来るのではと考えています。自分次第です」と語った。

今後、挑戦したいキャラクターは計り知れず多いという。ナム・ジュヒョクは「多くの方々が今、好んでくれているキャラクターでも、反抗的なキャラクターでも構いません。ジャンルものの作品に多く挑戦してみたいです」と付け加えた。

『力道妖精キム・ボクジュ』を通じて地上波単独男性主人公の申告式を成功させたナム・ジュヒョクは、現在次期作を検討中だ。
  • スタートゥデイ パク・セヨン記者 / 写真=カン・ヨングク記者
  • 入力 2017-01-14 09:56:26