FTISLAND、ザ・パッション(The Passion)というタイトルで日本ツアー

メンバー:チェ・ジョンフン、イ・ホンギ、イ・ジェジン、チェ・ミンファン、ソン・スンヒョン 

バンドのFTISLAND(チェ・ジョンフン、イ・ホンギ、イ・ジェジン、チェ・ミンファン、ソン・スンヒョン)が日本アリーナツアーを盛況裏に締めくくった。FTISLANDは「ザ・パッション(The Passion)」というタイトルで去る3・4日に東京埼玉のスーパーアリーナと、21・22日に名古屋ガイシホールでライブコンサートを進行した。彼らのアリーナツアーは昨年7月の「フリーダム(FREEDOM)」公演以降、約1年ぶりだ。

FTISLANDは22日最後の公演で最近発表した正規アルバム「ビーフリー(BE FREE)」収録曲をはじめとし、メンバーらのストーリーを込めた自作曲「オンマイウェイ(On My Way)」「ラストラブソング(Last Love Song)」「モーニングコーヒー(Morning Coffee)」など合計22曲を演奏した。

この日、FTISLANDのメンバーらは心が盛り上がり、演奏途中に感動の涙を流したりもした。これにより公演場をぎっしり埋めたファンらもともに目頭を熱くし、FTISLANDは「いつも私たちについてきてくれてありがとう。Primadonna Japan(ファンクラブ)最高」と感謝の気持ちを伝えた。これとともに末っ子のソン・スンヒョンは、「最近、FTISLAND7周年だったが新しいメンバーに合流して5年になった」とし、「今は4人のメンバーと本当の家族のようになったみたいだ。今後も5人、格好良いFTアイランドになります」と所感を伝えた。

FTISLANDは現在、韓国アルバム準備に拍車をかけており、来る8月16日~17日の両日間、日本3大ロックフェスティバル「サマーソニック(Summer Snic)2014」の舞台に韓国代表として上がる予定で、ファンらの期待を集めている。
  • シックニュース_キム・ジヨン記者/写真_FNCエンターテイメント提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-06-23 16:58:03