トップ > エンタメ > TV・映画 > カン・ハヌル「美談製造機と呼ばれることには副作用がある」

カン・ハヌル「美談製造機と呼ばれることには副作用がある」


  • カン・ハヌル「美談製造機と呼ばれることには副作用がある」
KBS2『ハッピートゥゲザー3』に出演した俳優カン・ハヌルが「美談製造機」と呼ばれることに対して副作用を訴えた。

『ハッピートゥゲザー3』の23日の放送は「バラエティ共助」特集が放送される。この日の放送では、芸能界の親友と知られているカン・ハヌルとハン・ジェヨン、イトゥクとシンドン、キム・スルギとハ・ジェスクが一緒に出演してコンビプレーで笑いをプレゼントする予定だ。

最近行われた収録では、ユ・ジェソクの牙城を脅かす新興美談アイコンのカン・ハヌルが出演しただけに、温かい美談の饗宴が続いた。このうち、カン・ハヌルの「エアコン美談」が公開されて注目を集めた。カン・ハヌルが夏の暑い日、家にエアコンがなくてカフェで仕事をしている映画スタッフに偶然に会った後、彼にエアコンをプレゼントしたというもの。これを聞いた出演陣は驚いたが、カン・ハヌルは「その後、少しの副作用がある。他のスタッフたちが『ハヌル、最近車の調子が悪いんだ』といたずらにアピールしてくる」と面白おかしく苦悩を告白して笑いを誘った。

一方、この日のカン・ハヌルは自分が「美談製造機」と呼ばれることについて、「私は善良に暮らしている人ではない」とユ・ジェソクやパク・ボゴムには負けると難色を示した。カン・ハヌルの謙虚さとは違って、現場では彼の美談の証言が相次いだ。特にハン・ジェヨンは「カン・ハヌルは約100人ほどの映画撮影スタッフの名前をすべて覚える。100人中50人ほど覚える私が悪い奴なのか」と鬱憤を吐いて爆笑を誘発した。

この日の『ハッピートゥゲザー3』では、カン・ハヌルの美談に対抗するために出演陣が自らの美談をセルフで公開するコーナーが設けられて注目を集めた。しかし、「美談王」の座を獲得するための過剰な欲のせいで、現場で即席で作られた美談から、本人の美談というには曖昧なエピソードがあふれ、現場は笑いの渦に巻き込まれた。

果たして、カン・ハヌルとハン・ジェヨウン、イトゥクとシンドン、キム・スルギとハン・ジェスクのうち、『ハッピートゥゲザー3』の美談王が誰になるのか関心を集めるなかで、彼らがくり広げるセルフ美談バトルに期待が高まる。来る23日夜11時10分放送。
  • シックニュース チェ・ジョンウン記者 / 写真=KBS提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-02-22 08:26:00