トップ > エンタメ > スターニュース > MBC側「番人(仮題)」キム・スルギ-SHINeeキー-キム・テフン出演確定

MBC側「番人(仮題)」キム・スルギ-SHINeeキー-キム・テフン出演確定


  • MBC側「番人(仮題)」キム・スルギ-SHINeeキー-キム・テフン出演確定
  • < (左から)キム・テフン、キム・スルギ、キー >



キム・ヨングァン、イ・シヨンが主演を務める『番人(仮題)』にキム・テフン、キム・スルギ、SHINeeキーが合流し、作品をより豊かにする展望だ。

MBC新月火ドラマ『番人』(演出ソン・ヒョンソク、脚本キム・スウン)にキム・テフン、キム・スルギ、SHINeeキーが合流しキム・ヨングァン、イ・シヨンと呼吸を合わせる予定だ。

『番人』は犯罪により愛する人を失い、平凡だった日常が一晩にして粉々になった人々が集まり、痛みに打ち勝ち正義を実現しようとする集まりを作り上げる物語で、韓国の今を見せる赤裸々な事件に「番人」という仮想の組織をファンタジーとして見せるアクションスリラー物だ。

キム・テフンが演じるキム・ウンジュンは「正義」を最高の価値だと信じる刑事部検事で、法で正当に犯罪を処罰せねばならないと考える真っ直ぐな検事だ。しかし、不当で卑劣な権力により正義が実現されない現実を経験し、「番人」に合流する人物だ。キム・テフンは昨年『もう一度ハッピーエンド』に続き再びMBCドラマに出演する。

キム・スルギは犯罪により家族を失った衝撃と傷により、独房で社会に適応できず一人で過ごすソ・ボミ役を演じる。ソ・ボミは犯人が捕まらないという恐怖と、一人で生き残ったという罪責感に自らの殻に閉じこもるが、番人たちと出会い合流することで彼らを自ら処罰するために自身の特技を生かして24時間CCTVを監視しながら韓国を見守ることとなる。

キム・スルギは今週放送予定のMBC『指輪の女王』に続き、MBCとの縁をつなげていく。

SHINeeキーが演じるコン・ギョンスもまた犯罪により母親を失い、家族がばらばらとなりひとりの痛みを体験するが、番人に合流し天才的なハッキング実力を発揮して犯罪者たちを罰して正義を実現する人物だ。またソ・ボミの痛みを理解し、ソ・ボミが外に出ることができるよう手を差し伸べて愛を育んでいく予定だ。
  • シックニュース チョ・ヘジン記者 / 写真=シックニュースDB | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-03-08 14:58:50