イ・ジュンギ、ナム・ソンミ、時代劇「朝鮮ガンマン」観戦ポイント


「朝鮮ガンマン」のベールがついにはがされる。25日、KBS2新水木ドラマ「朝鮮ガンマン」が、新しい韓国型ヒーロー物の開始を知らせる。

2年間の緻密な企画段階を経て、心血を注いだ野心作である「朝鮮ガンマン」は、新鮮で若い感覚で製作された時代劇で、国民英雄史劇の誕生を予告している。特別な面白さを装着した「朝鮮のガンマン」のクールな観戦ポイントを電撃解剖した。

大韓民国ナンバーワンのヒーロー、イ・ジュンギとナム・サンミ

スクリーンとブラウン管を行き来して、大韓民国の代表俳優に成長したガンマンのカップル、イ・ジュンギとナム・サンミのロマンスは、もう一度視聴者たちの心を叩く予定だ。ヒーロー物の大きな強みを表したイ・ジュンギは"今は・·ジュンギ」というジャンルで評価を受けられるようにする」とし、全身を燃やすパク・ユンガンのアクション演技を予告した。これまで知的で都会的なイメージを築いてきたナム・サンミは、今回の作品で開花期新女性の整数である役を引き受けて、好奇心に満ちた若々しい女性で演技変身を図る。彼らのいちゃいちゃしたり、言い争ったりするロマンスは「朝鮮ガンマン」序盤の甘い面白みを担当するだろう。

「王女の男」の製作陣、再び一つになった

去る2011年、驚異的な視聴率24.9%(ニールセンコリア、全国基準)を記録した「王女の男」を演出したキム・ジョンミンPDと製作陣が今回は開花期時代に銃を持った英雄を素材にした大当たりパッケージを準備した。愛する人のために命を捧げるロマンチックガンマン英雄を前面に押し出して、大韓民国の英雄物を開拓するという彼らの特別企画プロジェクトは、これまでに公開された結果物を見るとき、明らかに尋常でない。

最高の映像美で誕生した感性アクションロマンス

「朝鮮ガンマン」は、扶余、聞慶、河東、馬山、束草など大韓民国津々浦々、特に人影が少ないところを訪ね歩きながら、絵のような画面を表わしている。幻想的な自然を背景に、一人で見るには惜しい場面を盛りだしたKBSカメラ映像技術のすべてに出会うことになる数少ない機会になる展望だ。シネマ用デジタルカメラの先駆者であるレッドシリーズですべてのシーンを盛り出し、怪物のような最新機種エピックドラゴンが投入された。

特殊業者と専門家たちに交渉して、毎場面、渾身の力を注いで長く記憶される名場面を誕生させたという裏話だ。アクションとロマンスは基本、民衆の英雄パク・ユンガンの苦難とそれを克服した過程を込めた英雄叙事詩である「朝鮮ガンマン」がお茶の間劇場に波乱を起こすのか期待が集められている。

一方、「朝鮮ガンマン」は、25日午後10時に放送される。
  • MBNスター_ナム・ウジョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-06-25 10:44:13