トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「キム課長とソ理事」最終回視聴率17.2%記録、同時間帯1位で有終の美

「キム課長とソ理事」最終回視聴率17.2%記録、同時間帯1位で有終の美


  • 「キム課長とソ理事」最終回視聴率17.2%記録、同時間帯1位で有終の美
KBS2水木ドラマ『キム課長とソ理事』が同時間帯視聴率1位で放送終了した。

視聴率調査会社ニールセンコリアによると、30日放送された『キム課長』最終回は17.2%の視聴率を記録した。これは前回放送分の視聴率(16.9%)対比0.3%ポイント上昇した数値だ。

初回視聴率7.8%で開始し3話放送から12.8%と二桁の視聴率を記録、着実に上昇し11話放送にて自己最高視聴率となる18.4%を記録した。

関心を集めた視聴率20%突破は叶わなかったが、時局にあった風刺とコミック要素など元気溌剌としたストーリー、俳優の演技などで放送終了まで視聴者の愛を受け同時間帯1位で終えた。

『キム課長とソ理事』は金に対する天性の勘を持ったピンはねの大家キム・ソンリョンがさらなる一攫千金のためにTQグループに入社するが、皮肉なことに不正不合理と闘いながら倒れかけた会社を再生させるオフィスコメディドラマだ。

同時間帯に放送されたSBS『師任堂、色の日記』、MBC『自己発光オフィス』はそれぞれ9.3%、6%の視聴率を記録した。
  • シックニュース チェ・ジョンウン記者 / 写真=ドラマポスター | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-03-31 08:17:00