トップ > エンタメ > スターフォーカス > ナムグン・ミン、「『キム課長とソ理事』は停滞期に情熱を沸きあがらせてくれた作品」

ナムグン・ミン、「『キム課長とソ理事』は停滞期に情熱を沸きあがらせてくれた作品」


  • ナムグン・ミン、「『キム課長とソ理事』は停滞期に情熱を沸きあがらせてくれた作品」
「1年半の間に5つのキャラクターを演技しました。自らたくさん輩出したように思います。けれど『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』に出演しながら私自身を振り返ることになりました。停滞期にいた私を呼び覚ましてくれたんです。次の作品ではもっと演技がうまくできるように思います。情熱がうごめいています」

KBS2TVドラマ『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』放送終了後に出会った俳優ナムグン・ミンはインタビュー中満足した笑顔を見せた。コミック演技でキム・ソンリョンを描き好評されながらも、最終回にて18%の視聴率を達成してヒットにも成功したためだった。彼は人々の評価の他にも演技への自信がついたことに高い点数を与えた。

「台本を受け取り自信がなければできなかったでしょうが、うまくできるという自信がまだあったようです。ちょうど良い作品が入ってきたんでしょう」。ヒット俳優として位置づいたが、ナムグン・ミンに不振がなかったわけではない。2011年MBC『私の心が聞こえる?』以降2年間作品がなく、スランプが続いた。

「『私の心が聞こえる?』の反応は今よりも良かったです。ジャンルやキャラクターを選びながら5つの作品を断り、2年間休むことになりました。俳優として考えが整理されました。俳優は自分が望むキャラクターを消化することを楽しみや徳目としてはいけません。どんな作品でも挑戦し本当にその人物のように消化することが俳優ではないでしょうか」

ナムグン・ミンはデビュー後「恋愛専門俳優」という修飾語をつけて歩いた。重低音の声に整った外見のせいだった。俳優として起動に乗った後、悩んだ末に作品を選んだが返って毒となった。予想よりも空白が長くなり、徐々に大衆の関心から遠ざかった。心機一転した末に最近では続けてヒット作の主人公となった。

「運が良かったとすれば本当に演技ができなくてもスターになっていたでしょう。私にはそんな運はなかったようです。原因は私の中から探そうとしました。外部にあると考えれば待たなければいけなかったでしょう。努力した時間が無駄にならず積み重なり、簡単ではありませんが少しは満足する演技をお見せできると思います」

『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』が同時間帯1位となり、称賛が溢れてもナムグン・ミンが冷静でいる理由だった。「今少しうまかったり光を見ている人々に不足したキャラクターが入ってきてもやれと言うでしょう。人為的に流れを切ってはいけないと思っています。うぬぼれてはいけないということでしょう」

キム・ソンリョンは検事出身でありTQグループ財務理事ソ・ユル(ジュノ扮)と後半部まで対立した。ナムグン・ミンは自然とソ・ユルを演じたジュノと呼吸を合わせる時間が長くなった。彼はジュノに向かう称賛を惜しまなかった。「イ・ジュノの演技を見たことはありませんでした。歌手が演技することを悪く見るタイプではありませんが肯定的でもなかったでしょう。とても演技をしっかりしてくれ、人を偏見なく見るようになりました。姿勢もよく共に楽しく撮影しました」

40歳を前にナムグン・ミンは年齢の話をするや「私の年齢が本当に話になりませんね」と笑った。「おじさんよりもお兄さんでありたいですね。根拠がないでしょう。ははは。年齢に対する実感をできず、もうここにまでなりましたね。こんなことが、と思います」

ナムグン・ミンが熱演した『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』は最終回でシーズン2を暗示するような場面も登場した。検事がキム・ソンリョンのもとを訪ねて大企業の不正調査のために助けて欲しいと願った。「シーズン2が出るとしたら、私でなく誰がやるでしょう。ははは。キム部長で出ないと。シリーズ2が作られるなら今よりもっと磨き上げることが多くなければならないでしょう」

俳優としていくつかの屈曲を乗り越えてきたが、作品が終わって10日過ぎてもまだ体力的に正常ではないと話した。誰にとっても難しいコミック演技をしながら20部作を作り上げた。ナムグン・ミンは『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』を見送りながら再び決意した。「のぼせないほどの気持ちは出来上がりました。一番良いときが危機となる場合があるでしょう。ですから緊張しています。今もっと頑張って作品に挑まないといけないときだと思っています。次の作品を全盛期でやりたいと思います」

  • ナムグン・ミン、「『キム課長とソ理事』は停滞期に情熱を沸きあがらせてくれた作品」
  • スタートゥデイ ハン・イング記者 / 写真=935エンターテイメント
  • 入力 2017-04-13 08:00:09