トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「自己発光オフィス」14話 正規職転換審査結果発表…コ・アソン、ホヤが合格

「自己発光オフィス」14話 正規職転換審査結果発表…コ・アソン、ホヤが合格

「自己発光オフィス」14話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「自己発光オフィス」14話 正規職転換審査結果発表…コ・アソン、ホヤが合格
『自己発光オフィス』ウンチャンド3人の正規職転換審査が発表された。

27日放送されたMBC水木ドラマ『自己発光オフィス』(演出 チョン・ジイン、パク・サンフン、脚本 ホン・フェヒョン)14話では、正規職転換審査の結果発表で悲喜が交差する姿が描かれた。

この日ソ・ウジン(ハ・ソクジン扮)は正規職の発表に先立ち、「当初の計画とは異なり、正規職採用が2人に変更された」と語った。すべての視線が集中する中で、正規職にチャン・ガンホ(INFINITEホヤ扮)とウン・ホウォン(コ・アソン扮)が選ばれ、一同を驚愕させた。
ガンホとホウォンはド・ギテク(イ・ドンフィ扮)に「申し訳ない」と涙を隠せず、ギテクもトイレで1人こらえていた涙をこぼし、見る人に切なさを与えた。

以後飲み会の席を用意した営業チームとマーケティングチーム。ソヒョン(キム・ドンウク扮)は「俺は能力がある分だけ待遇してやっている。今は無限競争時代ではないか」とウジンに同意を求め、ウジンは「その通りだ。ところが、無限競争がなぜスタッフにのみ適用されるのかはわからない」とソヒョンを皮肉って耳目を集中させた。

このうちソヒョンはホウォンとガンホに「俺が就任して初めて採用した人たちだから期待が大きい」とし、「今回実施するデザイン公募の進行を2人に任せたい」と語った。

一方、ウン・ホジェ(BIGSTAR Feeldog扮)がホウォンの正規職転換のニュースを聞いてソウルに上京した。ホジェとホウォンは互いに抱き合って再会の喜びを交わし、次いで厚い兄妹愛を示して見守っていたウジンに笑顔をもたらした。

以後ウジンはホジェとホウォンを車で家まで送ってくれて、ホジェを自宅に泊まらせてくれるなどの好意を見せた。ウジンの好意にホウォンは「部長はうちの姉はどうですか」と尋ねソ・ウジンを困惑させた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チョン・ハンスル 客員記者 / 写真=MBC放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-04-27 23:25:20