キム・ソナ、整形外科を相手に肖像権侵害訴訟「勝訴」


俳優キム・ソナが肖像権を侵害されたとして釜山のある整形外科を相手に出した訴訟で勝訴した。

ソウル中央地裁民事合意20部は1日、キム・ソナが釜山の整形外科医師を相手に出した肖像権侵害禁止および損害賠償請求訴訟で、キム・ソナに2500万ウォンを賠償するよう求める原告一部勝訴の判決を下した。裁判部は「有名人が自分の社会的名声、知名度などによって持たれる経済的利益や価値は、その保護の必要性と保護の価値がある」と明らかにした。

続いて、 「女性芸能人の整形は、大衆の関心があるだけでなく、女性芸能人たちが自身を取り巻く整形疑惑に対して敏感に反応して隠そうとする。キム・ソナが掲示文の使用をる承諾した場合に支給することができる対価を損害賠償の範囲に考慮する」と説明した。

先立って釜山のある整形外科オンラインマーケティング担当者は、去る2012年12月のブログにキム・ソナの名前を言及するなどの内容が込められた掲示物を上げた。これに対しキム・ソナは整形外科を相手に損害賠償請求訴訟を起こした。
  • MBNスター_ソン・ジンア記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-01 14:40:37