トップ > エンタメ > TV・映画 > 「推理の女王」12話 クォン・サンウ&チェ・ガンヒ、連続殺人犯捕まえるため気力の戦い

「推理の女王」12話 クォン・サンウ&チェ・ガンヒ、連続殺人犯捕まえるため気力の戦い

「推理の女王」12話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「推理の女王」12話 クォン・サンウ&チェ・ガンヒ、連続殺人犯捕まえるため気力の戦い
『推理の女王』クォン・サンウとチェ・ガンヒがパク・ビョンウンをめぐりプライドをかけた対決を繰り広げた。

11日に放送されたKBS2水木ドラマ『推理の女王』でハ・ワンスン(クォン・サンウ扮)とウ警監(パク・ビョンウン扮)が激しく衝突した。薬物班のベテラン刑事とテレビが生んだ最高のプロファイラーがプライドをかけた対決を繰り広げた。

ウ警監はワンスンとユ・ソルオク(チェ・ガンヒ扮)に「特殊チームの捜査に干渉すれば黙っていない」と宣戦布告した。これにワンスンは「警察は足で稼ぐ。警察庁から出てから偉ぶれ」と対抗した。特にウ警監は同じチームメンバーにさえ情報を共有せず好奇心をさらに増幅させた。

これに先立ってワンスンとソルオクは有力な容疑者をおびき寄せ、徹夜で調査した。以後2人はキム・ギョンミの惣菜店に席を移して犯人が洗濯物の状態を見て、「除隊したての3階の男が犯人だ」と結論づけた。2人は市場で犯人を尾行しペ・クァンテとイ・ドンギの協力で検挙した。犯人は「ジュヨンが合コンに出掛けるという言葉に、先に殺さなければならないと思った」と、自白をした。

しかし、ソルオクはウ警監のテープ連続殺人事件の記者会見を見た後、彼の隠された意図に気づいた。

ソルオクはワンスンに「ウ警監が特別捜査チームを作るために排芳洞殺人事件を利用した。彼は7年間未解決だった連続殺人が再び起こることを知っていた」と鋭く推理した。

以後、連続殺人犯検挙をめぐりウ警監とソルオク、ワンスンのうち誰が最初に捕まえるか神経戦が繰り広げられた。しかしソルオクは犯人ではなくウ警監をプロファイルし始めて推理の女王らしい期待感を高めた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ホ・ウンギョン 客員記者 / 写真=KBS2放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-05-12 08:57:19