キム・テヨン、タン・ウェイ結婚、チェリム-ガオ・ズーチーに続いて韓中2号カップル


中国俳優タン・ウェイと監督キム・テヨンが今年秋結婚し、ネチズンの間で話題だ。去る2日、映画会社ポムは二人が今年秋、家族と知り合いなどを招いた中で非公開の結婚式をあげる予定だと明らかにした。

タン・ウェイとキム・テヨンは映画社ポムを通じて「映画で私たちは出会い、お互いを理解するようになった。友人になり恋人になった。いま、夫と妻になろうとしている」とし、「お互いの母国語を学ばなければならない困難の中で、お互いをさらに深く理解して尊敬することになると信じている。何よりも映画が私たちの最も重要な証人になるだろう」と明らかにした。

二人は去る2011年、映画 「レイトオータム」を通じて縁を結んだ後、友人と過ごしてき、昨年10月の広告撮影のためにタン・ウェイが来韓した後、恋人関係に発展し韓国と中国を行き来しながら愛を育んできた。最近関連撮影のためにタン・ウェイが来韓した際には、キム・テヨンが空港に出て行きタン・ウェイを迎えたりもした。

一方、タン・ウェイは、2007年にアン・リー監督の映画「ラスト、コーション」(原題: 色・戒)でデビューした。2012年、韓中修交20周年記念で韓国映画祭の広報大使として活動し、様々な映画祭で主演女優賞をさらって注目された。キム・テヨン監督は延世大学を卒業し、去る1999年、映画「女子高怪談2」でデビューして「レイトオータム」で2011年釜日映画賞最優秀監督賞を受けた。「家族の誕生」では、2006年、2007年大鐘賞と青龍映画賞を受賞した。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-03 13:31:49