トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「番人」13・14話 イ・シヨン救ったキム・ヨングァン…危機と反転の連続

「番人」13・14話 イ・シヨン救ったキム・ヨングァン…危機と反転の連続

「番人」13・14話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「番人」13・14話 イ・シヨン救ったキム・ヨングァン…危機と反転の連続
『番人』の危機と反転が吹き荒れ、心臓の休む暇がなかった。

12日放送されたMBC月火特別企画『番人』(脚本キム・スウン、演出ソン・ヒョンソク、パク・スンオ / 制作ギャラリーナイン、ハッピーグローバル)13・14話は予測不可能、緊張爆発の展開でお茶の間を翻弄した。

この日チョ・スジ(イ・シヨン扮)は、ソ・ボミ(キム・スルギ扮)を救うために彼女の家に駆けつけた。ボミは家族を殺害した犯人が自分を探していることを知って衝撃に包まれた。犯罪のトラウマで息もできないボミ。そんなボミをスジは温かく包んで慰めた。

しかし、すぐに危機が迫った。スジを見たという通報を受けた警察が​​ボミの家に出動してきたのだ。ボミは一緒に行こうというスジの言葉に頷くことができなかった。恐怖に震えるボミを見守っていたスジは、最終的に警察を誘導するために自分の正体を暴露した。そして無事に危機から逃れるようにした。しかし、スジは最終的にキム・ウンジュン(キム・テフン扮)によって逮捕された。

ここで意外な反転人物が明らかになって驚きをもたらした。スジを連行したナム・ビョンジェ(チョン・ソギョン扮)がユン・スンロ(チェ・ムソン扮)の手先だったのだ。ビョンジェはスジを始末するために銃口を向けた。手錠を外したスジはビョンジェともみ合い、結局撃たれてしまう。銃創を負ったスジは逃走したが、負傷が深刻だったために気を失って倒れた。

このとき登場したチャン・ドハン(キム・ヨングァン扮)がさらなる反転をお見舞いした。正体を現さなかった番人の隊長ドハン。彼がスジを生かすために動いたのだ。ドハンはスジを避難させた。その頃ボミもスジを救うためにトラウマを振り払って家を出た。ボミの助けを借りてスジは一命を取り留めた。

ドハンがスジを助けるところを見たビョンジェは、スンロに疑いをかけられるようになった。そして病院で目を覚ましたスジが自分を救った人物がドハンであることを思い出すエンディングで今後の展開の気がかりを増幅させた。

この日の放送は危機と反転の連続で、目が離せない没入感を与えた。

歴代級の危機に陥ったスジが歴代級の追撃戦で視聴者たちの視線を奪った。警察をまくために洗濯ロープを使って逃走したシーンや、警察ともみ合いを繰り広げる場面など、迫力あふれるアクションは緊張感を高めた。そしてこの過程でスンロの手先だったことが明らかになったビョンジェと、スジを救ったドハンの姿は相次いで鳥肌と驚きを呼び起こした。
  • MBNスター ソン・ジンア 記者 / 写真=MBC放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-06-13 11:44:00