ミーガン・リー、godの新曲「僕らが生きる物語」フィーチャリング


グループgodの新曲「僕らが生きる物語」のフィーチャリングを担った歌手ミーガン・リーが話題だ。

godは8日0時8集正規アルバム「Chapter 8」を各種オンライン音源サイトを通じて発表した。今回のアルバムの5番トラックである「アジョシとミーガン・リー」は「僕らが生きる物語」の録音室で自由に話を交わすスキットトラックだ。

ミーガン・リーはタイトル曲「僕らが生きる物語」に参加した。この曲は感傷的なエレクトリックピアノラインをメインに節制されたストリング、ゴスペルの雰囲気を加えるオルガン、簡潔なドラムグルーブが引き立つ曲だ。

1995年生まれのミーガン・リーはMBC「偉大なる誕生」シーズン2出身で、シーズン1での脱落の苦杯を飲んだがシーズン2で再び挑戦し話題を集めたことがあった。ミーガン・リーはその後昨年2月キム・テウの所属社ソウルショップエンターテイメントと正式契約を完了した。去る5月にはデビューシングル「8dayz」を発表し歌謡界に正式にデビューした。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-08 09:52:51