トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」31・32話あらすじ ナム・ジヒョン、チ・チャンウクに「別れよう」

「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」31・32話あらすじ ナム・ジヒョン、チ・チャンウクに「別れよう」

「怪しいパートナー」31・32話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」31・32話あらすじ ナム・ジヒョン、チ・チャンウクに「別れよう」
『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』チ・チャンウクとナム・ジヒョンが別れた。

29日に放送されたSBS水木ドラマ『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』(脚本クォン・ギヨン、演出パク・ソンホ)では、ウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン扮)がノ・ジウク(チ・チャンウク扮)に別れを宣言する姿が描かれた。

この日、ウン・ボンヒはノ・ジウクに「私たち別れよう」と言った。ノ・ジウクは「いつ知ったのか」と動揺する目でウン・ボンヒに尋ね、ウン・ボンヒは「弁護士さんはいつから知っていたの?」と問い返した。

ノ・ジウクは「あなたの父親がどんな人なのか知っている。しかし、あなたの父親がどんな人でも、僕は関係ない」とウン・ボンヒを説得しようとした。ウン・ボンヒが「私は関係ある」と言うと「それならどんな関係があるのか聞いてみよう」とじっくり対応したりもした。

ウン・ボンヒは「私のせいで心労する弁護士さんを見るのがつらい」と言い、ノ・ジウクは「それなら気をつかわない」と答えた。

またウン・ボンヒが「私のお父さん、弁護士さんが考えているような人ではない。でも、私はそういう人ではないと主張もできない」と言うと、ノ・ジウクは「そうか、ならそれも一緒に考えてみよう」と対応して、見る人に感心をかもし出した。

しかし、ウン・ボンヒは「弁護士さんが何を言おうと関係ない」とし、「私を1人にして。別れよう」と冷たく背を向けた。

1人残ったノ・ジウクは動揺する目でウン・ボンヒを見つめて、ウン・ボンヒもまた1人で男涙を見せて切なさをかもし出した。

  • 毎日経済スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者/写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-06-29 22:19:50