キム・ミンソ、フライアップエンタと専属契約を締結(公式)


俳優キム・ミンソがフライアップエンターテイメントと専属契約を締結した。

最近人気の下に放映を終了したSBSドラマ『アイムソーリー江南区』で主役チョン・モア役を演じ、明るくしっかりしている様子から強靭なカリスマまで多彩な熱演を繰り広げ好評を受けた彼女は、新しい巣で第2幕の俳優生活を開始する。

キム・ミンソは俳優イ・ボヨン、チェ・ガンヒ、リュ・スヨン、ユ・イニョン、キム・ジフンなどとファミリーになり、さまざまな活動を続けていく予定だ。

フライアップエンターテイメントのある関係者は、「幅広い演技スペクトラムを保有している俳優キム・ミンソと共にすることになって嬉しい。今後の活動に全面的な支援を惜しまない考えだ。キム・ミンソが自身の演技技量を存分に広げることができるように全力を尽くす。彼女の新しい出発に多くの関心と応援をお願いする」と伝えた。

特に今回の専属契約は、前所属事務所との契約が満了したときに自然に行われ、お互いの決定を尊重し、常に応援するという激励で美しく見送られた。

一方、キム・ミンソはこれまでMBC『華政』、『バラ色の恋人たち』、『太陽を抱いた月』、KBS『グッド・ドクター』、『童顔美女』などの作品に着実に出演し、大衆に愛されてきた。きちんと演技のキャリアを積んできた彼女の今後の歩みにも期待が加わっている。

フライアップエンターテイメントで新しい出発を開始する俳優キム・ミンソは現在、SBS『アイムソーリー江南区』放映終了後、次期作を検討中だ。
  • MBNスター ソン・ジンア 記者 / 写真=フライアップエンターテイメント | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-06-30 13:39:35