トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」33・34話あらすじ チ・チャンウク、ドンハ記憶喪失に「本性は同じだ」

「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」33・34話あらすじ チ・チャンウク、ドンハ記憶喪失に「本性は同じだ」

「怪しいパートナー」33・34話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」33・34話あらすじ チ・チャンウク、ドンハ記憶喪失に「本性は同じだ」
『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』ドンハが目を覚ました。

5日に放送されたSBS水木ドラマ『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』(脚本クォン・ギヨン、演出パク・ソンホ)17話では、チョン・ヒョンス(ドンハ扮)が記憶を失ったまま目を覚ました。

この日ウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン扮)は、チョン・ヒョンスが目を覚ました病室で困惑を示した。交通事故以降の意識がない状態だったチョン・ヒョンスはウン・ボンヒに「僕を知っているのか」と尋ねて混乱をもたらした。

ウン・ボンヒはチョン・ヒョンスの状態に確信を下せなかった。「心身微弱として抜け出そうと演技しているのかもしれない」と思いながらも、「演技というには、あまりにも本当だった」と悩みに陥った。

そんな中、ノ・ジウク(チ・チャンウク扮)は、チャ・ユジョン(HELLOVENUSナラ扮)に「検事のコネちょっと使おう」とチョン・ヒョンスとの面会を要請した。しかし、チョン・ヒョンスは記憶を失ったと言い、「僕が何をしたのか言ってほしい」と、むしろノ・ジウクにしがみつき、ノ・ジウクは「記憶を失ったのかは分からないが、本性は同じだ」とチョン・ヒョンスの状態を診断した。

以降チャ・ユジョンはチョン・ヒョンスに「チョン・ヒョンスさん、殺人容疑で調査を受けていた」と語った。チョン・ヒョンスは頭を抱えて苦しみながら「僕が本当に殺人者なら罰を受けるのが正しいだろう」と答え、混乱を加えた。

事実を知ったチョン・ヒョンスは再びノ・ジウクに会った。彼はノ・ジウクに「僕が人を殺したので、だから言わなかったのか」と尋ね、「しかし、僕が人を殺したのなら理由があったのだろう」と言って注目を集めた。

ノ・ジウクは「そう思うのは珍しい」と言い、「僕がチョン・ヒョンスさんが記憶を思い出せるよう助ける」と語った。

続いて、ノ・ジウクはチョン・ヒョンスの前で、彼が所持していた写真を広げて反応を調べた。

以後チョン・ヒョンスはノ・ジウクが置いていった卒業アルバムを見ている途中、パク・ソヨンの写真を発見して嗚咽した。しかし、チョン・ヒョンスは記憶を取り戻したという事実を隠して、状況を見ながら病院脱出まで成功して緊張感を高めた。

一方、ウン・ボンヒはチ・ウニョク(チェ・テジュン扮)と一緒にチョン・ヒョンスの過去を調査中、チョン・ヒョンスの殺人の理由を調べあげて、今後の展開に対する好奇心を呼び起こした。

  • 毎日経済スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者/写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-07-05 23:08:47