パク・ソジュン、チルソン・サイダー専属モデルに


『サム、マイウェイ』を成功裏に終えたパク・ソジュンが広告交渉0位に浮上した。

12日、所属事務所のコンテンツYは「『サム、マイウェイ』で最高の株価を走っているパク・ソジュンが(株)ロッテ七星飲料のチルソン・サイダーの新しい顔に抜擢された」と伝えた。

(株)ロッテ七星飲料の関係者は「パク・ソジュンの清涼なイメージがすっきりと爽快な味のチルソン・サイダーとよく似合い、チルソン・サイダーの新規広告を素敵に表現できるものと判断し、今回広告モデルに抜擢した」とモデル抜擢の理由を明らかにした。

続いて「パク・ソジュンはドラマ『サム、マイウェイ』を通して女性ファンたちの愛を受けているだけに、すっきりと爽快な味のチルソン・サイダーを代弁してブランドにトレンディなイメージを加える予定だ」と伝えた。

パク・ソジュンは11日に放映終了したKBS2月火ドラマ『サム、マイウェイ』のコ・ドンマン役を通じて演技力を認められた。パク・ソジュンはキム・ジウォンと一寸先も予測することができないジェットコースターのようなケミで視聴者たちの心を翻弄して月火ドラマ視聴率1位を導いた。

ドラマを終えたパク・ソジュンは映画で帰ってくる。来る8月9日に封切りする映画『青年警察』で意欲充満警察大生のギジュン役に扮し、風変わりな面白みをお届けする予定だ。パク・ソジュン主演の『青年警察』は、信じることといえば専攻書籍と若さだけの2人の警察大生が目の前で目撃した誘拐事件に巻き込まれて広がる話を描いた青春捜査アクションだ。パク・ソジュンは共演したカン・ハヌル(ヒチョル役)と『青年警察』でブロマンスはもちろん、暑さを吹き飛ばす痛快な笑いまで披露するものと期待を集めている。

所属事務所によると、最近の作品を通じ、清涼なイメージを代弁して広告界でも交渉0位のスターとして位置づけられたパク・ソジュンは、現在男性下着や家電、飲料など様々なブランドでラブコールを受けており、2017年の夏を誰よりも忙しく過ごす見通しだ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン 記者 / 写真=ロッテ七星飲料 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-07-12 14:38:51