トップ > エンタメ > スターニュース > 「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」チ・チャンウク「幸せだった時間…軍生活頑張る」

「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」チ・チャンウク「幸せだった時間…軍生活頑張る」


  • 「あやしいパートナー ~Destiny Lovers~」チ・チャンウク「幸せだった時間…軍生活頑張る」
『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』チ・チャンウクが放送終了所感と軍入隊の話をした。

去る13日にSBS水木ドラマスペシャル『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』が放送終了した中で、14日、チ・チャンウクは、所属事務所の公式YouTubeチャンネルを通じて視聴者たちに感謝を伝えた。

チ・チャンウクは「3~4か月の間、本当に楽しく撮影しただけにさびしい。たくさんの愛を受けたドラマで、ジウクというキャラクターに大きな関心と愛を送っていただき感謝する。だから演技に臨む僕も本当に楽しくて幸せに作業することができたようだ。僕にはとても意味のある作品だった。再び心から感謝し、無事に撮影を終えることができて気分が本当に良い」と愛らしい笑顔で感謝の挨拶を伝えて見る人々を温かくさせた。

これと共にチ・チャンウクは「いよいよ8月14日に軍に入隊することになる。とても遅くなっただけに、より熱心に軍生活をして戻ってくるだろうから待っていただけたら嬉しい。行って来てまた良い作品で挨拶する予定なので、それまで皆さんも元気でいてほしい。」と軍入隊を控えた所感もサプライズで伝えて視線を集めた。

13日に放送終了したSBS水木ドラマ『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』でチ・チャンウクはツンデレ脳セク検事ノ・ジウク役を引き受け、生涯初のロコ挑戦とは信じられないほど毎回シムクンを呼ぶ代替不可キャラクター消化力でもう1つの「人生キャラクター」の更新はもちろん、お茶の間の名実共に「ロコキング」として堂々と位置づけた。

一層成熟した温かいビジュアルと、ずば抜けた演技能力はキャラクターの魅力を倍増させ女心を捕らえるのに十分で、柔らかさと冷徹さ、甘さとカリスマを同時に持った魅力満点のノ・ジウクキャラクターを上手に行き来するチ・チャンウクの幅広く深みのある演技スペクトラムは、視聴者の没入度と吸引力を最大化させ「信じて見る俳優」として、その真価をもう一度立証した。

特にロマンスとスリラーを行き来するジャンルの変奏の中に繊細でありながら細かい眼差しの演技と感情線の緩急調節が光を放ったが、眼差しから表情、話し方、呼吸まで、状況に応じて変わるディテールな演技力にチ・チャンウクではないノ・ジウクは想像することができないという評価を得るほどで、今回の作品で存在感を十分発揮した。

何よりも、ナム・ジヒョンとの相性ケミと幻想のロマンス呼吸はお茶の間の女心を揺るがし、最後まで目が離せないように作り、毎回多くの名場面と名セリフを誕生させ、見る人の感性と恋愛細胞を無限に刺激した。そんな中、チ・チャンウクはまるで本物の恋人に対するようにときめきながら可愛くて甘い直進ロマンス男の姿とともに、切なくて弱々しいロマンス演技をリアルに繰り広げ、多くの愛を受けた。視聴者たちは「ロコ天才」、「眼差し職人」、「心臓泥棒」など数多くの修飾語と愛称を彼につけた一方で、韓国はもちろん、海外まで熱いオタク現象を起こすなど「ジウク病」シンドロームを量産させ話題を生んだ。

今年でデビュー10年目を迎え、テレビとスクリーン、ミュージカルの舞台まで、ジャンルを問わず毎作品ごとに独自の色を塗った風変わりな演技を披露し、毎キャラクターごとに共感と好評を得る俳優チ・チャンウク。『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』を通じて、もう一度演技派俳優として、大衆の愛を受ける俳優として、その底力と価値をきちんと証明させた彼なので軍除隊後、さらに成熟した姿で韓国を代表する俳優として生まれ変わる姿がすでに大きな期待を集めている。
  • MBNスター ペク・ユンヒ記者 / 写真=グローリアスエンターテインメント | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-07-14 09:40:22