トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「お父さんが変」45話 家族たち、キム・ヨンチョルの過去を知り衝撃を受ける

「お父さんが変」45話 家族たち、キム・ヨンチョルの過去を知り衝撃を受ける

「お父さんが変」45話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「お父さんが変」45話 家族たち、キム・ヨンチョルの過去を知り衝撃を受ける
『お父さんが変』家族たちがキム・ヨンチョルの過去を知って衝撃を受けた。

5日に放送されたKBS2『お父さんが変』 ではピョン・ジュニョン(ミン・ジヌ扮)とピョン・ミヨン(チョン・ソミン扮)、ピョン・ラヨン(リュ・ファヨン扮)とキム・ユジュ(イ・ミド扮)がピョン・ハンス(キム・ヨンチョル扮)の身分偽装の事実を知って失望する場面が描かれた。

この日、ナ・ヨンシル(キム・ヘスク扮)は、家族にピョン・ハンスの過去について打ち明けた。ピョン・ジュニョンは「父さんが人を死なせた前科者でそれを隠そうと35年間、他の人のふりをして生きていたのか」と聞き返した。

ナ・ヨンシルは「さっきも言ったが、それは濡れ衣を着せられたのだ。お父さんは人を殺していない」と説明した。

ピョン・ミヨンは「友達の身分で生きていたのに、それがアン俳優さんの父親だったと?それならアン俳優さんにバレないように、ずっと父親のふりをして嘘をついていたということでしょ。これアン俳優さんも知っているの?」と信じられないというように尋ねた。ナ・ヨンシルは「ジュンヒもすべて知っている」と答えた。

ピョン・ラヨンは「はじめから全部知っていたの?嘘、嘘だと言って。どうしてこれが事実なのか。どうしてお父さんが私たちにこんなことができるのか」と否定しようとした。

ピョン・ジュニョンは固い表情で「お父さんは今どこにいるのか」と尋ねた。ナ・ヨンシルは「警察署に。自首しに行った」と話し、ピョン・ジュニョンは複雑だというように手で鼻をついた。

この時、ピョン・ハンスとピョン・ヘヨンが警察署から帰ってきた。

ピョン・ジュニョンは父親を見ることなく、ピョン・ミヨンも振り返らなかった。

家族はピョン・ハンスに背を向けた。翌朝食事をするとき、ピョン・ミヨンはご飯も食べずに出勤し、ピョン・ラヨンもご飯を食べている途中でスプーンを置いて部屋に入った。ピョン・ジュニョンも先に行くと言って立ち上がった。
  • 毎日経済スタートゥデイ キム・イェリン客員記者/写真=KBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-05 20:32:28