トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「操作」15・16話 オム・ジウォン&ユ・ジュンサン&ナムグン・ミンの完璧な共助

「操作」15・16話 オム・ジウォン&ユ・ジュンサン&ナムグン・ミンの完璧な共助

「操作」15・16話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「操作」15・16話 オム・ジウォン&ユ・ジュンサン&ナムグン・ミンの完璧な共助
『操作』クォン・ソラ、ユ・ジュンサン、ナム・グンミンが完璧に共助を成し遂げた。

15日に放送されたSBS月火ドラマ『操作』では、イ・ソクミン(ユ・ジュンサン扮)がク・テウォン(ムン・ソングン扮)の操作を覆すた痛快なパンチを放った。

これに先立ちクォン・ソラ(オム・ジウォン扮)は、ハン・ムヨン(ナムグン・ミン扮)にパク・ウンモ事件に刺青の男(カン・シンヒョ扮)が関連しているという事実を証明する状況を伝えた。ソラは「ハン・ムヨン氏が刺青の男を発見したそうだが、もしかして兄を殺した犯人なのか」と事実確認した。

続いてソラはムヨンに強力を提案し、ムヨンもまた「兄さんの問題を終えれば俺の人生も取り戻すことができる。最後まで行かなくては」とソラの手を握った。

そして自殺したと思われていたユン・ソンウ(イ・ジュスン扮)が警察署に現れ反転を迎えた。ムヨンは「これから警察は嘘をついた奴らから捕まえろ。何の罪のない俺たちは、家に帰るんだ」と愛国新聞の同僚と再会し、ソンウの自殺幇助罪で愛国新聞を踏みにじったク・テウォン(ムン・ソングン扮)の操作を明らかにした。

ソクミンはテウォンに内緒でスプラッシュチームの名でユン・ソンウの生存記事を報道した。その時刻、テウォンはユン・ソンウの自殺幇助罪で愛国新聞を泥沼に陥れる計画だった。結局、大韓日報の紙面にはテウォンが指示した記事とスプラッシュチームの記事が同時に載って大騒ぎになった。

以後テウォンはソクミンに「ユン・ソンウが死んでいなかったことを最初から知っていたのか。お前は闘士だと思っているのか。お前1人でこうだと変えられると思うのか」と怒った。これにソクミンは「私は闘士ではなく記者だ。違うものは違うと言っただけだ」とテウォンに痛快な反撃を加えた。

そうかとすれば、ソクミンはソラに「覆すにはにユン・ソンウが必ず死んでいる必要があると確信した。そうしてこそ大韓日報が無罪を明らかにして、これ以上は操作されていた証人と消えた証拠も現れない」と説明した。さらに「君が必ずこの事件のピリオドを打ってほしい」と頼んだ。

ついにソラがソンウを被告にした裁判に立った。ソラは「検察は抗告しない。共に真実を求めていく。これから彼が失ってしまった人生の理由を取り戻すことができるように望む」と訴え、これでソンウの再審が決定した。
  • スタートゥデイ ホ・ウンギョン 客員記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャー
  • 入力 2017-08-15 23:29:01