「最強配達屋」5話 コ・ギョンピョの優しいお節介が魅力発散

「最強配達屋」5話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『最強配達屋』コ・ギョンピョの優しいお節介がお茶の間を魅了した。

18日放送されたKBS2金土ドラマ『最強配達屋』5話はコ・ギョンピョ(チェ・ガンス役)の活力が弾けた。優しいおせっかいで作品をリードするチェ・ガンスの魅力が際立つ回だった。

この日の放送でチェ・ガンスが親しい後輩を昏睡状態にしたオ・ジンギュ(キム・ソンホ扮)を捕まえるために孤軍奮闘する姿が描かれた。

チェ・ガンスは友人たちを集めて本格的に証拠探しを開始した。友人たちの前で演説するように助けを求めるチェ・ガンス、数多くの友人の先頭に立って動くチェ・ガンスは強靭で頼もしかった。優しいお節介でしっかりと人脈を築いてきたチェ・ガンスの一面が惜しみなく発揮される瞬間だった。

また最後までオ・ジンギュを追跡したチェ・ガンスがオ・ジンギュと向き合った際の強いカリスマでお茶の間を圧倒した。オ・ジンギュの車が自分に向かって突進しても瞬きもしない姿が視聴者に深い印象を残した。過ちを認めないオ・ジンギュを断罪するという一念ひとつで警察よりも早く動く彼の姿は視聴者を魅了するのに十分だった。

その一方、パルパルスタで共に仕事をするイ・ダナ(チェ・スビン扮)を助けようとお節介な手を差し伸べたことは和やかな雰囲気を作った。イ・ダナが病院費と陶器代を頼まねばならない状況が自分のせいで始まったという申し訳なさに積極的にイ・ダナを助け始めたのだった。休日に漢江公園に配達に出ようと提案したチェ・ガンスは直接料理をしてイ・ダナに信頼を与えた。

このようにコ・ギョンピョは強烈に、ときには温かくチェ・ガンスを描き出してキャラクターに命を吹き込んだ。彼の熱演を通じてチェ・ガンスの優しいお節介がさらに輝きを発している。1話からしっかり輝くチェ・ガンスの優しい魅力がお茶の間にしっかり通じただけに、今後チェ・ガンスがどんなお節介でお茶の間を楽しませてくれるのか期待を集めている。またチェ・ガンスを通じてコ・ギョンピョが見せてくれる多彩な物語にも注目が集まる。
  • MBNスター ソン・ジナ記者 / 写真=KBS2放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-19 11:01:50