トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「最強配達屋」6話 コ・ギョンピョとチェ・スビンが思いがけないスキンシップ

「最強配達屋」6話 コ・ギョンピョとチェ・スビンが思いがけないスキンシップ

「最強配達屋」6話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「最強配達屋」6話 コ・ギョンピョとチェ・スビンが思いがけないスキンシップ
コ・ギョンピョとチェ・スビンが『最強配達屋』にて予想もしなかったときめきを披露した。

19日放送されたKBS2金土ドラマ『最強配達屋』ではチェ・ガンス(コ・ギョンピョ扮)とイ・ダナ(チェ・スビン扮)の偽装恋愛が描かれた。

チャン・ドンス(チョ・ヒボン扮)は仕事をしている最中にチェ・ガンスを解雇しようとした。イ・ダナはこれを防ぐためにチェ・ガンスが好きだと話してチェ・ガンスの解雇を防いだ。

その後チェ・ガンスは誰もいない店で麺を作っている最中に失敗し麺を落とし、イ・ダナにしかられた。このとき登場したスネ(イ・ミンギョン扮)は二人に「日曜日に出てきて何をしているの」とし「ダナに美味しいものを作ってあげようとしているの?」と尋ねた。

これにチェ・ガンスは「美味しいものを作ってあげようかと。僕の可愛いダナに」と頬に小麦粉をつけた。スネは「お邪魔してごめんなさい」とその場を去るやイ・ダナはチェ・ガンスに「何してるの」と言い、チェ・ガンスは「どうしろって言うんだ。付き合っている仲なのに」と答えた。

その瞬間イ・ダナは落ちていた小麦粉のタネで滑り、チェ・ガンスはイ・ダナを両手で支えて危機を避けた。思いがけず近づくやイ・ダナは目を閉じ、チェ・ガンスはイ・ダナの頬についた小麦粉を取ってやった。

困惑したイ・ダナはチェ・ガンスの襟首を掴んで「死にたいの?どこを触っているの」と怒り、チェ・ガンスは「俺は吹いてあげようとしたんだ。ごめん。ところでどうしてそんなに困惑するんだ、まさかキス…」と言うとイ・ダナはチェ・ガンスのふくらはぎを蹴って自分の気持ちを隠した。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真=KBS2放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-20 13:30:00