トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「クリミナル・マインド」ソン・ヒョンジュ、キム・ヨンチョルの命令でNCI去るか

「クリミナル・マインド」ソン・ヒョンジュ、キム・ヨンチョルの命令でNCI去るか


▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「クリミナル・マインド」ソン・ヒョンジュ、キム・ヨンチョルの命令でNCI去るか
ソン・ヒョンジュがNCIを去らなければならない危機に瀕した。

tvN『クリミナル・マインド』(演出ヤン・ユンホ / 脚本ホン・スンヒョン / 制作テウォンエンターテイメント、スタジオドラゴン)で国家犯罪情報局犯罪行動分析チームNCI(以下NCI)の局長ペク・サン(キム・ヨンチョル扮)がカン・ギヒョン(ソン・ヒョンジュ扮)にチーム長の席を置いて退くことを断固として勧め、NCIの将来に不安感が高まっている。

先にペク・サンはリッパー(キム・ウォンテ扮)の手によって妻を失ったカン・ギヒョンがPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患っていることを知っているハ・ソヌ(ムン・チェウォン扮)に経過報告を指示し、彼を捜査から排除させる可能性を臭わせた。

特にカン・ギヒョンは、このペク・サンの計画を知っているにもかかわらず、気にも留めず捜査に熱中することで、自分の意志として表明してきた。これにより、これまで強固な2人の信頼関係に細かいひびが入り始めたことを否定することはできない状況となった。

これらの中で先週放送された『クリミナル・マインド』8話では、ペク・サンがカン・ギヒョンを某所に静かに呼び出し、銃殺人事件の犯人であるチャン・ギテ(チョ・ハンチョル扮)の心理検査の結果とカン・ギヒョンの状態が別段違わないことを想起させた。

続いてペク・サンは、このようなカン・ギヒョンに再びリッパーが現れたとき、理性的な判断をすることができないだろうと予測し、彼の個人的な感情が原因でチームが危険に陥ることがある現実を鋭く指摘し、チームを離れなければならない根拠を明らかに提示した。

これにカン・ギヒョンは自分は大丈夫だと主張したが、すでに彼をNCIから断ち切ることを固く決心したようなペク・サンの前では無用の長物だった。チームのために賢明な判断を下すものと信じるペク・サンに、カン・ギヒョンは深い苦悩が込められた目つきで口を固く閉じ、明確な答えを出せずにいた。

このように、これまでNCIの心強い支えとなって重心を取り、犯人に対する鋭いプロファイルを通して事件解決を導いてきた彼のいないNCIの未来は想像しにくいという視聴者の熱い反応が続いている。

また、脱獄したリッパーが再び現れ、NCI周辺をうろついてますます脅威を加えており、誰よりも自分の手でリッパーを捕まえたいカン・ギヒョンがすべてを放棄できるか、彼が下す決定に成り行きが注目されている。

一方、先週放送された『クリミナル・マインド』は、同じパターンで繰り返されている児童誘拐事件のなかで異変に気づいたNCIの捜査が予告されて期待感を集めている。

チームの将来がかかったソン・ヒョンジュの選択は、23日夜10時50分に放送されるtvN水木ドラマ『クリミナル・マインド』で確認することができる。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=tvN
  • 入力 2017-08-22 13:35:05