トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「操作」19・20話 ユ・ジュンサン、ナムグン・ミンに警告…「兄の操作事件から手を引け」

「操作」19・20話 ユ・ジュンサン、ナムグン・ミンに警告…「兄の操作事件から手を引け」

「操作」19・20話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「操作」19・20話 ユ・ジュンサン、ナムグン・ミンに警告…「兄の操作事件から手を引け」
『操作』ユ・ジュンサンがナムグン・ミンをオ・ジョンセと関連した事件から引き離そうと努めた。

22日に放送されたSBS月火ドラマ『操作』では、イ・ソクミン(ユ・ジュンサン扮)がハン・ムヨン(ナムグン・ミン扮)に兄ハン・チョルホ(オ・ジョンセ扮)の操作事件から手を引けと制止した。

この日、ハン・ムヨンは入れ墨男(カン・シンヒョ扮)に襲撃されて劇的に逃げて来たクォン・ソラ(オム・ジウォン扮)を抱きしめて慰めた。以後、クォン・ソラとハン・ムヨンは意気投合して、入れ墨男を捕まえることを約束した。

イ・ソクミンとチャ・ヨンス(パク・ジヨン扮)がナム・ガンミョンの逮捕を目指して奮闘した。イ・ソクミン率いるスプラッシュチームは5年前の操作事件の真実をナム・ガンミョンから探し始めたのだ。先立ってスプラッシュチームはチョン・チャンス(チョン・マンシク扮)が殺された謎の事故を追跡している途中に意外な手がかりとして「黒幕」の実体に近づいた。これで大韓日報スプラッシュチームが本格的にナム・ガンミョンを暴く理由ができた。

チャ・ヨンスもまた、「黒幕」資金の運び屋のニューハーベストナム・ガンミョンを追いかけ決定的な糸口をつかみ、直接阻止すると宣言した。チャ・ヨンスはナム・ガンミョンが死んだのではなく、顔を変えて中国を流浪して手術のため韓国に来ようとしている情況を捕捉した。ナム・ガンミョンは5年前の操作事件のミン会長とも関連付けられている重要な人物だからだ。

一方、ク・テウォン(ムン・ソングン扮)は、自身に侮蔑感を抱かせたチョ・ヨンギ(リュ・スンス扮)のために復讐に乗り出した。ク・テウォンはスプラッシュチームに5年前に葬られたナム・ガンミョン事件の核心証拠を渡していたのだ。スプラッシュチームは、それがク・テウォンの罠だと知りながらも取材に乗り出した。この事実を知ったチョ・ヨンギは脅威を感じて対策を講じた。

一方、オ・ユギョン(チョン・ヘビン扮)はスプラッシュチームに参加以来、取材のたびにハン・チョルホと事件が絡んでいるという事実を不思議に思っていた。彼女は「なぜ我々がすることなすことにチョルホと関連しているのか」とイ・ソクミンを追及した。最終的にイ・ソクミンは「5年前のミン会長事件が終わりではない。チョルホが加わった操作事件はク・テウォンの指図を受けたはずだ。ムヨンと私が2人を操縦した背後を明らかにしている」という事実を公開した。

以後、イ・ソクミンは過去にハン・チョルホが残した操作の記事の中に手がかりを残しておいた状況に気付いた。彼はハン・ムヨンに「チョルホが誰かが自身がしていた過ちを、ひょっとして気付いてくれることを望んでいたのではないだろうか」と推理した。これに対しハン・ムヨンが「もしそうだとしたら、誰かに打ち明けておくべきだった。そうすれば止めることができはずだ」と反論した。

以後、イ・ソクミンはハン・チョルホが残した多くの手がかりをもとに、彼が過去に言った言葉をパズルのように組み合わせてハン・ムヨンに事件から手を引けと引きとめた。イ・ソクミンはハン・ムヨンに「チョルホはお前の復讐心のためにお前を台無しにしたくないはずだ」とハン・チョルホと関連した操作事件から退けと愛情のこもった警告をした。
  • 毎日経済スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者/写真=SBS放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-22 23:23:15