トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「クリミナル・マインド」9話 連続拉致事件を調査…子どもたちを救えるか

「クリミナル・マインド」9話 連続拉致事件を調査…子どもたちを救えるか

「クリミナル・マインド」9話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「クリミナル・マインド」9話 連続拉致事件を調査…子どもたちを救えるか
『クリミナル・マインド』遊園地拉致事件が連続拉致事件として明らかになった。

23日に放送されたtvN水木ドラマ『クリミナル・マインド』(脚本ホン・スンヒョン / 演出ヤン・ユノ、イ・ジョンヒョ)9話では、NCIチームメンバーが遊園地拉致事件を調査する姿が描かれた。

この日、ハ・ソヌ(ムン・チェウォン扮)とキム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ扮)は、遊園地失踪拉致事件の調査のためにオ・スンヨンを訪ねた。オ・スンヨンは8年前に遊園地で子供が失踪して、その後も同様の拉致事件があったと「連続拉致」を主張した。

それだけでなく、オ・スンヨンは「3年前、道でジヌを見たことがある」と告白して注目を集めた。

しかし、カン・ギヒョン(ソン・ヒョンジュ扮)は、オ・スンヨンの証言に懐疑的だった。これに対しハ・ソヌはカン・ギヒョンに過去の失踪拉致事件の被害者の写真を渡し、「私たちだけあきらめず、ヒョンジを救ったのではなかったか。オ・スンヨンさんも、我々と同じような心情だ」と言ってカン・ギヒョンを動揺させた。

以後、NCIチームはプロファイルを介して「犯人が3人以上であること」と結論下し、ユナの母親(キム・ドヨン扮)の家で捜索を行った。

そんな中、拉致されたユナ(イ・ハンソ扮)は、連れて行かれたところで拉致された子供たちに会った。その中にはオ・スンヨンの息子のジヌもいた。子供たちはジヌと犯人たちが席を外した間にユナと一緒に脱出しようとしたが、路地で犯人に捕まって緊張感をかもし出した。

この時、ハ・ソヌは容疑者ユン・ソクホを追跡していた中、わずかの差で子供たちを逃した。以後ハ・ソヌはキム・ヒョンジュンとともに、ユン・ソクホを捕まえることに成功したが、自白には失敗した。それだけでなく、ユン・ソクホがユナを狙ったのは確かだが、拉致した犯人でははかったことが明らかになり、悔しさを加えた。

しかし、収穫があった。ユン・ソクホが6か月間、ユナの後を追うために拉致する隙を狙っている間に、ユナを狙っていた別の犯人と向かい合った痕跡を見つけたのだ。続いてNCIチームは犯人が失敗した事例がある可能性を発見し、これに犯人のプロファイルを公論化することを決定した。

一方、ドラマ終わりでは、ジヌと子供たちが犯人に反発する姿が描かれた。これに怒った犯人がジヌを連れて行き、今後の展開に対する関心を高めた。
  • 毎日経済スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者/写真=tvN放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-08-24 00:09:49