トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ドラマ「操作」、今日(12日)に放送終了…ナムグン・ミン、兄の死の真実に近接

ドラマ「操作」、今日(12日)に放送終了…ナムグン・ミン、兄の死の真実に近接


▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • ドラマ「操作」、今日(12日)に放送終了…ナムグン・ミン、兄の死の真実に近接
『操作』ナムグン・ミンは兄の死の真実を見つけることができるだろうか。

SBS月・火ドラマ『操作』が12日に幕を下ろす。『操作』は操作された世界の真実を探そうと意気投合した記者ハン・ムヨン(ナムグン・ミン扮)とイ・ソクミン(ユ・ジュンサン扮)、検事クォン・ソラ(オム・ジウォン扮)の奮闘を通じて常識と正義が通じる世界の意味について話している。

11日の放送では、手ごわい相手に会ったハン・ムヨンとナム・ガンミョン(イ・ウォンジョン扮)の心理戦が繰り広げられた。ハン・ムヨンは計画通りに動いたナム・ガンミョンに会うために一刻を争う疾走に乗り出した。ナム・ガンミョンも反撃をするが、けっきょく逃走中に死亡してしまった。

イム・ジテ(パク・ウォンサン扮)と不正警察であるチョン・チャンス(チョン・マンシク扮)の間に繋がりを追跡していたクォン・ソラはチョン・チャンスが残した最後の手がかりであるメモリカードを獲得し、イム・ジテを没落させた。

スプラッシュチームであるソンミンは、ク・テウォンには秘密で「ミドゥム院」とク・テウォンを言及する全面広告を掲載し、すっきりする一撃をを飛ばして最終回に向けて興味をそそった。
  • スタートゥデイ チン・ヒョンチョル記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャー
  • 入力 2017-09-12 07:01:02