トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「クリミナル・マインド」16話 ユソン、イ・ソンビンに助けの手を差し伸べる

「クリミナル・マインド」16話 ユソン、イ・ソンビンに助けの手を差し伸べる

「クリミナル・マインド」16話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「クリミナル・マインド」16話 ユソン、イ・ソンビンに助けの手を差し伸べる
14日放送されたtvN水木ドラマ『クリミナル・マインド』(脚本ホン・スンヒョン/演出ヤン・ユンホ、イ・ジョンヒョ)16話では、ナナ・ファン(ユソン扮)がユ・ミニョン(イ・ソンビン扮)に助けの手を差し伸べる姿が描かれた。

ユ・ミニョンは何度も携帯電話を確認しため息をついた。これを不思議に思っていたナナ・ファンはユ・ミニョンの憂いが金によりものであることを知った。

ナナ・ファンは「私が食べさせる子どもがいるけれど、夫がいるけれど」としながらも「持っているものは金と美貌しかない」と話して笑いを誘った。

続けてナナ・ファンはユ・ミニョンに金がひとようなら話せと助けの手を差し伸べた。

しかしユ・ミニョンはナナ・ファンの提案を断った。これにナナ・ファンは「生きることは大したことない?互いに助けもし、不便なときもありそんなものだ」とユ・ミニョンの気持ちの荷を解いた。そして「私ははっきり言った。持っているものは金しかないって。あ、美貌も」と付け加えてユ・ミニョンに笑みを抱かせた。
  • スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者 / 写真=tvN放送画面キャプチャー
  • 入力 2017-09-15 00:07:19