トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「最強配達屋」13話 チェ・スビン、コ・ギョンピョに本心を告白「去りたくない」

「最強配達屋」13話 チェ・スビン、コ・ギョンピョに本心を告白「去りたくない」

「最強配達屋」13話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「最強配達屋」13話 チェ・スビン、コ・ギョンピョに本心を告白「去りたくない」
『最強配達屋』チェ・スビンがコ・ギョンピョに告白し、彼をつかまえた。

去る15日午後に放送されたKBS2金土ドラマ『最強配達屋』(演出チョン・ウソン)では、チェ・ガンス(コ・ギョンピョ扮)とイ・ダナ(チェ・スビン扮)が飲食店街を生かすことに孤軍奮闘した。

この日2人はチョンガ企業のために困難を経験する飲食店街の食堂を生かすことに乗り出した。

家主を訪ね家賃をお願いするか思えば、加盟店の社長のための融資を受けた。

チェ・ガンスは飲食店街の社長を集めて「一杯を売って100ウォンが残っても、6カ月だけ耐えなければならない」とし、「そうすることでチョンガが店を閉める。お金がなくて追い出されるのが本当に嫌だ」と言い、一緒に戦ってみようと促した。

しかし、食堂のオーナーは「1ヶ月も大変なのに6カ月をどう耐えるのか」とし、「元々いなかった奴らは知っていながらもやられるのだ」と冷笑的な反応を見せた。これにチェ・ガンスはため息を吐き、あきらめるかのような態度だった。

イ・ダナはチェ・ガンスのもとを訪ね、「もう一度してみて。あなたがあきらめるのは見てられない」とし、「あなたが成功するのを絶対に見たい。だから見せて」と言った。続いて「私を幸せにして。そうすれば私は去らない。愛している」と本心を告白した。
  • 毎日経済 MKスポーツ シン・ヨンギョン記者 / 写真=KBS2放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-09-16 10:51:02