トップ > エンタメ > スターニュース > キム・ナムジュ-チ・ジニ、2018年期待作「ミスティ」出演確定

キム・ナムジュ-チ・ジニ、2018年期待作「ミスティ」出演確定


  • キム・ナムジュ-チ・ジニ、2018年期待作「ミスティ」出演確定
女優キム・ナムジュと俳優チ・ジニがJTBCドラマ『ミスティ(仮題)』を通じて夫婦として呼吸を合わせる。

『ミスティ』は殺人事件の容疑者に指名された韓国最高のアンカーと、彼女の弁護人となった夫、彼らが信じた愛の素顔を見せるドラマだ。キム・ナムジュ、チ・ジニがキャスティングされドラマファンの期待を集めている。

2012年『棚ぼたのあなた』以降6年ぶりにお茶の間に復帰を果たすキム・ナムジュは5年連続「今年のメディア賞」を受け取る「信頼度1位」のアンカー、コ・ヘラン役を演じる。

恐ろしいほどに湧き上がる後輩たちにメインニュースのアンカーの座を奪われないために、手段を選ばなかったこ・へらんはある日殺人事件の有力な容疑者として警察に召還される。

キム・ナムジュは「つねに良い作品で挨拶したい気持ちが切実だった。『ミスティ』の台本を読むや、運命のような導きがあった。こんな作品であれば私の40代最後の情熱をすべて注いでも十分だと思った」と復帰作として『ミスティ』を選んだ理由を説明した。

感情線が重要なロマンス演技を完璧に消化し「ロマンスの達人」と呼ばれるチ・ジニは、コ・ヘランの夫であり検事出身の国選弁護士カン・テウク役に扮する。所信ある法曹人として名分だけの結婚生活を維持していたカン・テウクは殺人容疑者に指名された妻の弁護を引き受け、再び恋に落ちることになる。

チ・ジニは「人物間の絡み合った関係が興味深く、台本を読むほどにカン・テウクの人生に夢中になった」とし「2012年にキム・ナムジュさんが出演した作品にカメオで出演し、短くも楽しく呼吸した記憶があるが、『ミスティ』を通じて夫婦として呼吸することになった。ヘランに対する愛情、憎悪、恨みなどが複合的に混ざった愛の感情をお見せできると思うので期待している」と所感を伝えた。

制作陣は「キム・ナムジュとチ・ジニ、二人の俳優の名前だけでも千軍万馬を得たようだ。これまで温かく正義深い役を主に演じてきたキム・ナムジュが欲望を求めるキャリアウーマンを演じる。久しぶりにブラウン管に復帰するキム・ナムジュの演技変身と、ロマンスの達人チ・ジニとの呼吸に期待して欲しい」と伝えた。

『ミスティ』は『シリウス』、『ビューティフル・マインド』を演出したモ・ワンイルPDのJTBC初作品であり、ジェイン作家がひっぴつを担当し、カン・ウンギョン作家がクリエーターとして参加する。制作会社クル&クリムは来月撮影に突入し、半事前制作で完成度を高めるという計画だ。来年1月放送予定。
  • スタートゥデイ ハン・イング記者
  • 入力 2017-09-25 10:32:07