トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「青春時代2」12話 ハン・イェリの大変な一日に視聴率4%突破

「青春時代2」12話 ハン・イェリの大変な一日に視聴率4%突破

「青春時代2」12話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「青春時代2」12話 ハン・イェリの大変な一日に視聴率4%突破
『青春時代2』ハン・イェリの一日がハウスメイトを心配させた。生きるために前だけを見つめて来た彼女の暖かな変化、失った記憶を取り戻したようなパク・ウンビンの覚醒に視聴率は4.07%(ニールセンコリア有料世帯基準、全国)を記録した。自己最高視聴率を再び更新し4%台を突破した。

9月30日放送されたJTBC金土ドラマ『青春時代2』ではハウスメートたち、その中でも自分がピンク色の手紙の主人公であることを知り罪悪感に陥ったソン・ジウォン(パク・ウンビン扮)を心配するユン・ジンミョン(ハン・イェリ扮)の提案により1泊2日間のりんご農園体験記が描かれた。長姉ジンミョンの深い配慮でハウスメイトたちは自然の中で暫し重い心の荷を降ろした。

ハウスメートたちに「今ジウォンに何かが必要。表面では何でもないように見えるけれど、少しおかしい」とユ・ウンジェ(ジウ扮)たちにりんご農園体験を提案したジンミョン。否定的だったハウスメイトたちがソ・ジャンフン(キム・ミンソク扮)とへ・イムダル(アン・ウヨン扮)の筋肉対決を見てもただ通り過ぎたという事実に深刻さを瞬時に気づき、全員一緒に農園に向かった。ベルエポック代理人ジャンフン、その部屋に居候するへ・イムダル、チョン・イェウン(ハン・スンヨン扮)について来たクォン・ホチャン(イ・ユジン扮)も一緒だった。

りんご農園に向かう列車の中から重い雰囲気をどうやってでも明るくしようと努力したジンミョン。りんご農園に到着してもひばりの鳴く声にユン・ジョンヨル(シン・ヒョンス扮)を思い出して泣くウンジェ、表情を読むことが出来ないジウォンを気にして食事もまともにできず、こっそり空腹を解決しようとその場を空けたイェウンを探している中で汚名を受けたりもした。

しかし何の考えもせずりんごを収穫しながら少しずつ安定してきたハウスメイトたち。太りすぎのため小さい頃から食べることで酷い言われ方をしてきたイェウンは食べ物に対する執着と恐怖を打ち明け、ジウォンの口元にも薄い笑みが浮かんだ。チョ・ウン(チェ・アラ扮)は軍入隊を控えるジャンフンから「待っていて欲しい」という告白を受けたりもした。お陰でこれを見守っていたジニョンもまた笑みを浮かべることになった。

しかし翌朝、ジンミョンはジウォンが姿を消したことを知った。続けてジウォンの不在に気づいたハウスメイトたちは朝食もまともに取らずに周囲を探し回り、近所の校庭で無事なジウォンを見つけた。安堵感から足の力が抜けたジンミョンと心配に溢れたハウスメイトたちに少し気絶していたと知らせるジウォン。続けて「そして思い出した。私は嘘をついていない」と失われた記憶を取り戻したことを暗示した。
  • MBNスター ソン・ジナ記者 / 写真=JTBC放送画面キャプチャー | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-10-01 09:52:12