トップ > エンタメ > TV・映画 > キム・ムヨルxカン・ハヌル主演「記憶の夜」…ミステリースリラーの真髄

キム・ムヨルxカン・ハヌル主演「記憶の夜」…ミステリースリラーの真髄


  • キム・ムヨルxカン・ハヌル主演「記憶の夜」…ミステリースリラーの真髄
ミステリースリラー『記憶の夜』が劇場街ヒット強打を予告した。

30日ソウル中区東大門MEGABOXでは映画『記憶の夜』制作発表会が開催されチャン・ハンジュン監督、キム・ムヨルが出席した。

『記憶の夜』は拉致された後に記憶を失い変わってしまった兄と、そんな兄の痕跡を追いかけるうちに自身の記憶さえも疑うことになる弟のすれ違う記憶の中の殺人事件の真実を描いたミステリー追跡スリラーだ。

この日爆弾発言で雰囲気を掌握したチャン・ハンジュン監督は、俳優のキャスティングに満足感を表した。チャン・ハンジュン監督は「最初のキャスティングはカン・ハヌルだった。カン・ハヌルさんは『記憶の夜』のシナリオが自分に入ったのは確かかと聞き返したそうだ。気分が良かった。キム・ムヨルさんはメガネをかければ知的で、メガネを取れば妙な雰囲気が出る。私はその雰囲気が好きだ。シナリオをお渡ししたが思ったよりも早く返答してくださりキャスティングを気分良くおこなった」とキャスティングビハインドストーリーを明かした。

続いてチャン監督は「制作報告会なので良い話をするのではない」と強調し「カン・ハヌルの場合は私が見たときに準備していないように見えた。けれど表現が自然だった。ナ・ヨンヒもカン・ハヌルを賞賛した。カン・ハヌルが上昇の勢いにいた中で軍隊に行ったが、その理由が分かった。キム・ムヨルさんは、確信を持ったカットがあるのだが、それがキム・ムヨルのカットだ。弟を見つめる場面なのだが二場面の雰囲気を変えねばならなかった。キム・ムヨルの眼差しを見てスタッフに『この映画がうまくいきそうだ』と話した。一番の宴だった」と重ねて主演俳優に対する他ならぬ愛情を見せた。

これにキム・ムヨルは「チャン監督がストーリーテラーとして有名ではないか。力強いストーリー、シナリオであるため作品選択に迷いはなかった。シナリオを見たときに緊張感がすごく、キャラクターも俳優として挑戦したいスペクトルが広かったため楽しく撮影した」と答えた。

続けてキム・ムヨルは「私がスリラーは好きではないが、スリラージャンルを楽しむ。真理的な部分があるが、『記憶の夜』は緊張感が素晴らしい作品だ。本心、嘘と関連した緊張感の構図が素晴らしい。またウソクの目標がはっきりしていた。それも素晴らしい長所のひとつだと思う」と話した。

ジンソク役を演じたカン・ハヌルは今年9月軍入隊により制作発表会に参加することはできなかった。彼は軍入隊前に撮影した映像で挨拶を交わした。カン・ハヌルは「ジンソク役を演じたカン・ハヌルです・現場で直接お会いできず残念だ。私たちの映画が公開を控えていることが実感でき、胸がドキドキする。多くの関心を持ってくだされば嬉しい」と伝えた。

最近公開された映画『殺人者の記憶法』とは記憶の操作と似た点が目に飛び込む。これについてチャン監督は「『記憶の夜』の撮影が終わり、『殺人者の記憶法』が公開されたが楽しく観覧した。我々の作品は交錯した記憶、疑心と対決が続く。時間を行き来しながらジンソクの姿が長く感じられる。一人の姿が人物ではなく、3つの、いくつかの姿があるようだ。それが我々映画を楽しく見るポイントになるのではないだろうか」と自身の考えを話した。

韓国で11月29日公開。
  • MBNスター シン・ミレ記者 / 写真=映画ポスター | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-10-30 12:39:32