「シグナル」9話 イ・ジェフン、チョ・ジヌンの無線機を持っていたチョン・ヘギュンを疑い始める

「シグナル」9話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『シグナル』イ・ジェフンがチョ・ジヌン失踪事件と関連してチョン・ヘギュンを疑い始めた。

19日午後に放送されたケーブルテレビtvN金土ドラマ『シグナル』(キム・ウンヒ脚本、キム・ウォンソク演出)9話では、パク・ヘヨン(イ・ジェフン扮)がアン・チス(チョン・ヘギュン扮)の机の引き出しからイ・ジェハン(チョ・ジヌン扮)の無線機を発見する姿が描かれた。

パク・ヘヨンはアン・チス係長の机の引き出しからイ・ジェハンと疎通していた古い無線機を発見し、「これをなぜ係長が持っていらっしゃるのか」と尋ねた。

これにアン・チスは「それがお前のものなのか。それはイ・ジェハン刑事がお守りのように持っていたものだ」とし、「15年前、イ・ジェハン失踪事件を調査した調査チームが発見したのだ。保管期限が過ぎて廃棄処分される予定だったものなのに、なぜお前が持っていたのか」と言った。

これを聞いたパク・ヘヨンは「私が持っていたことをなぜ知っているのか。まさか監視でもしたのか」と問い返したが、アン・チスは「お前はイ・ジェハン刑事とどんな仲でイ・ジェハン刑事の裏を探りまわるのか」と言った。

これにパク・ヘヨンが「私がイ・ジェハン刑事の行方不明について知ってはいけない秘密でもあるのか」と反問したが、アン・チスは「イ・ジェハン刑事の失踪事件に秘密のようなものはない」と冷たく答えた。

パク・ヘヨンはイ・ジェファンが濡れ衣を被った後、行方不明になった事件で、警察内部が関連していたことを悟り、アン・チスを疑い始めた。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真=tvN放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-02-19 20:36:00