ミナ「Girl's Dayの活動、すぐには難しいと思う」


ソロ活動に乗り出す歌手ミナが所属するグループGirl's Dayの活動計画を伝えた。

去る3日に発売された新しいデジタルシングルで帰ってきたミナは最近、ファッション画報のインタビューで今回の新曲であり自作曲について「歌手としていろいろな挑戦をできるようになったきっかけになったようで楽しくて嬉しい」と話した。

舞台パフォーマンスを期待しても良いかという質問には、「特別な舞台パフォーマンスはないと思う。音楽放送の活動計画は別途になく、ラジオ出演を中心に計画中だ」と答えた。ミナは昨年、俳優ナムグン・ミンと一緒にドラマ『美女コン・シム」に出演し、愛らしくしく素朴な魅力の主演コン・シム役を見事に消化した。彼女はドラマ出演と関連して、「自分でも待っているところだ。具体的な計画はないが、現在話している作品は来年初めに予定されている」と話した。

現在各自個人活動で忙しい日々を送っているGirl's Day。グループ活動の計画について尋ねるとミナは「当面は難しいと思う。そうでなくてもメンバー各自個人活動で忙しく、もう少し様子を見ながら時期を調整しなければならないようだ」と答えた。

続いて忙しいスケジュールのせいでお互いに会う機会が大幅に減ったとし、「Girl's Dayの時のことをよく思い出す。その時が確実に賑やかで楽しかった」という言葉でメンバーへの切なさを伝えた。

これからドラマと音源を通じて、着実に挨拶する計画だという彼女は、「特別な活動がなくても、パン・ミナだけの音楽で根気よくファンたちと疎通する予定だ」とし、「ファンたちの期待に応えられないだろうという考えに懸念される。信じて待ってくださっただけ良い音楽で報いたい」と明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・イング記者 写真=bnt | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-11-10 15:39:05