トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「恋するパッケージツアー」9話 イ・ヨニ♥ジョン・ヨンファ、誤解がとけて和解した

「恋するパッケージツアー」9話 イ・ヨニ♥ジョン・ヨンファ、誤解がとけて和解した

「恋するパッケージツアー~パリから始まる最高の恋~ 」9話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「恋するパッケージツアー」9話 イ・ヨニ♥ジョン・ヨンファ、誤解がとけて和解した
『恋するパッケージツアー』イ・ヨニとジョン・ヨンファの誤解が解けた。

10日に放送されたJTBC金土ドラマ『恋するパッケージツアー~パリから始まる最高の恋~』(以下、『恋するパッケージツアー』)9話では、ユン・ソソ(イ・ヨニ扮)とサン・マル(CNBLUEジョン・ヨンファ扮)の和解が描かれた。

この日、ユン・ソソとサン・マルは冷戦状態に突入した。ユン・ソソはサン・マルを公的にだけ接し、サン・マルもユン・ソソを無視した。

しかし、冷戦に最初に疲れたのはサン・マルだった。サン・マルはユン・ソソにホテルの電話で連絡し「言いたいことがありあます。ビール一杯しませんか?」と尋ねるかと思えば、外で偶然発見したユン・ソソの後をついて行き「少し話をしましょう。ごめんなさい」とすがったりもした。

これにユン・ソソは「言うことはない」と冷たく切り捨てたが、サン・マルは「俺はソソさんの多くの恋人のうちの1人として残りたくない」と叫び、ユン・ソソの耳目を引いた。ユン・ソソは当惑して「私がただの友達だと言ったじゃないですか。(男友達)2人はお互いが恋人です」と言い、サン・マルは一歩遅れて自分が誤解していたことを知った。

続いてユン・ソソの誤解も解けた。冷たく背を向けるユン・ソソにサン・マルが「そうだと言って靴を捨てるのですか?1サイズ大きいのも買っておいたのに」と言ったからだ。ユン・ソソはサン・マルの部屋で発見した靴が韓国の彼女ではなく、自分のものだったという事実を知って恥ずかしさで顔を上げることができなかった。

この中でチョン・ヨンソン(リュ・スンス扮)の事情が描かれた。チョン・ヨンソンは娘チョン・ナヒョン(パク・ユナ扮)の懲戒を論じる場でチョン・ナヒョンが反対する女性と会うようになった事情を話した。最初は仕事のために出会い、以降には借りたお金を返すため、それ以降には利子を返すと言って続けて会うようになったということど。

またチョン・ヨンソンはチョン・ナヒョンとの関係も話した。彼は「ナヒョンとずっと話をしようと努力はしたがうまくいかない」と言いながら寂しさを映した。幼い娘を一人で育てるためついた習慣が今では娘が一番嫌いな行動になってしまったという話だった。

それだけでなく、チョン・ヨンソンは「ナヒョンが反省する機会をほしい」とし、膝までついた。チョン・ナヒョンが作った3分間の映像が懲戒委員会から退学を論じるほど乱れていたというのが理由だった。チョン・ヨンソンはチョン・ナヒョンを退学させないために、すべて事情を明らかにして感情に訴えて切なさを催した。

一方、ユン・スス(ユン・バク扮)は韓国に戻った。ハン・ドゥリ(チャン・ヒリョン扮)は空港でユン・ススを待っており、彼に飛びつき「ソソ姉さんはどこにいるの。元気でいるの」と安否を尋ねた。これにユン・ススは「姉さん、フランスの女性みたいだった」と答え耳目を集めた。

以降、劇末尾ではユン・ソソとサン・マルが和解の末、海を見ながら手を握る姿が描かれてときめきをかもし出した。
  • スタートゥデイ チョン・ハンソル客員記者 / 写真=JTBC放送画面キャプチャー
  • 入力 2017-11-11 00:09:22