トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「愛の温度」でも輝いたキム・ジェウク…助演病シンドローム

「愛の温度」でも輝いたキム・ジェウク…助演病シンドローム


  • 「愛の温度」でも輝いたキム・ジェウク…助演病シンドローム
『愛の温度』の揺れる「三角ロマンス」の中で視聴者はパク・ジョンウ(キム・ジェウク扮)の味方になった。

21日最終回を迎えるSBS月火ドラマ『愛の温度』助演のキム・ジェウクは主人公ソ・ヒョンジン(イ・ヒョンス役)とヤン・セジョン(オン・ジョンソン扮)を抑えて視聴者の全面的な応援を受けた。

放送前、ロマンスコメディドラマの系譜を継ぐ俳優ソ・ヒョンジンと、最近ブラウン管を通じて頭角を現しているヤン・セジョンの共演というだけでも大きな期待を集めた。しかし放送話数が進むほどに、視聴者たちはキム・ジェウクに視線を向けた。

キム・ジェウクは『愛の温度』を通じて自ら成功した事業家パク・ジョンウ約を演じ熱演を繰り広げた。パク・ジョンウは外見、財力、性格などすべてを兼ね備えた完璧な男だ。特に事業面では僅かな誤差も認めないが、愛する女性には冷徹さよりも温もりを見せる足長おじさんのような存在に扮した。

  • 「愛の温度」でも輝いたキム・ジェウク…助演病シンドローム
ヤン・セジョンがようやく夢に向かい駆け抜ける覇気溢れるオン・ジョンソンシェフの姿で母性本能を刺激したとすれば、キム・ジェウクはすべてを手にした男パク・ジョンウに扮して視聴者に安定感を披露した。中でもパク・ジョンウはどんな状況でも愛する女性イ・ヒョンスのための選択を尊重し後ろで頼もしい防御膜となり視聴者の熱狂を引き寄せた。放送末尾、ジョンソンとヒョンスのラブラインが展開されるや「サブ病シンドローム」が起きた。全面的なサポートと安定した塀が必要なヒョンスにとっては足長おじさんが必要だったのだ。

しかし、作品中盤でヒョンスはジョンソンと徐々に絆を深め、ジョンウの盲目的な愛にもよらず、愛と友情すべてを失うや逸脱を選んだ。当時突然変化したジョンウのキャラクターに視聴者は疑問符を投げかけたりもしたが、次第にもとの位置に戻り重心を掴んだ演技を繰り広げた。しかし1話から放送終了を4話残した現在まで、至高至純の愛だけを見せて視聴者の胸を切なくさせている。

すべてを手にしているが、数年間一人の女性だけを見つめるパク・ジョンウ。多少戸惑うような設定である可能性もあるが、キム・ジェウクは説得力のある演技で視聴者の心を掴んだ。ドラマの中では溢れる愛を受けることができなかったが、説得力のある演技で視聴者から受ける愛は十分ではないだろうか。

特にキム・ジェウクは今年はじめに放送終了したOCNドラマ『ボイス』にてサイコパス役で注目を受けた。そのため、感情線の濃い恋愛ドラマにしっかり溶け込むことができるのかに対する憂慮があった。しかしデビューから今まで積み重ねてきた演技の実力により強烈に視聴者を圧倒した。前作の強烈なカラーを消し、至高至純なパク・ジョンウの服を完璧に消化した。今後彼のフィルモグラフィーにより期待が集まる理由だ。
  • MBNスター ペク・ユンヒ記者 / 写真=Panエンターテイメント | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-11-21 10:22:53