トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > キム・ジェウク、「愛の温度」放送終了所感「幸せだった記憶として残る作品」

キム・ジェウク、「愛の温度」放送終了所感「幸せだった記憶として残る作品」


  • キム・ジェウク、「愛の温度」放送終了所感「幸せだった記憶として残る作品」
俳優キム・ジェウクが『愛の温度』の放映終了を控えて所感を伝えた。

キム・ジェウクは21日、所属事務所マネジメントSOOPを通じて「『愛の温度』を視聴してくださった視聴者の方々に心から感謝いたします。去る3カ月の時間は私にとっても良い人たちと一緒にすることができてとても幸せだった記憶として残る作品です。ドラマ放映中にもジョンウをたくさん愛してくださり応援してくださったおかげで力が出て撮影することができました。感謝するという一単語で表現するには不足しますが、私はしばらく休んで、良い作品とキャラクターと演技でお伺いします」と物足りなさに満ちた放映終了の所感を伝えた。

キム・ジェウクは『愛の温度』を通じて、良いものと人を見極める優れた見識を持った冷徹なビジネスマン「パク・ジョンウ」役を完全に消化し、多くの視聴者の愛と支持を受けた。キム・ジェウクはソ・ヒョンジンとのロマンスを描いて大人の男の魅力を、ヤン・セジョンとロマンスに劣らないブロマンスを披露し、今年の秋のお茶の間をひきつけた。

特に、キム・ジェウクは2017年上半期のOCN『ボイス』では、サイコパス殺人魔モ・テグに変身して鳥肌の立つ悪人を、下半期には『愛の温度』でセクシーさと柔らかさが共存する大人の男性で最適なキャラクター変身を披露した。どんな人物に会っても相性の良いキャラクター消化で人目を引くキム・ジェウクであるため、彼の次の演技の歩みをより一層期待させる。

一方、『愛の温度』は21日夜10時から37~40話(最終回)の連続放送後に放映終了する。
  • スタートゥデイ チン・ヒョンチョル記者 / 写真=Panエンターテイメント
  • 入力 2017-11-21 16:14:51