トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ヤン・セジョン「愛の温度」終了所感…「喜びと悲しみに共感してくれた視聴者に感謝」

ヤン・セジョン「愛の温度」終了所感…「喜びと悲しみに共感してくれた視聴者に感謝」


  • ヤン・セジョン「愛の温度」終了所感…「喜びと悲しみに共感してくれた視聴者に感謝」
『愛の温度』のヤン・セジョンが熱い愛を送ってくれた視聴者に感謝する気持ちとオン・ジョンソンへの愛情がこもった終了所感を伝えた。

SBS月火ドラマ『愛の温度』でヤン・セジョンは繊細な感情線を生かす恋愛演技の達人としての姿で、最後まで視聴者たちにときめきをプレゼントした。視聴者を幸せにするハッピーエンドの中心で、いつの間にか怪物新人から「信じて見る」俳優になったヤン・セジョンの存在感が輝いた。

ヤン・セジョンは所属事務所グッドピープルを通じて「暑い夏の終わりから冷たい風が吹く冬まで、季節が2度変わる中でオン・ジョンソンと一緒に過ごしました。最終回を迎えたという事実にまだ実感が沸きません。明日もグッドスープに出勤しなくてはいけないような、本当に心に穴があいたような気分です」とオン・ジョンソンと別れることへの寂しさを伝えた。

続いて「オン・ジョンソンとオン・ジョンソン&イ・ヒョンスカップルに温かい愛と応援を送ってくださり、常に感謝しましたし、ときめいて幸せでした。作家と監督をはじめ、優れた演技者の先輩・後輩たちと心強いスタッフと良い作品で共にすることができて光栄でしたし、長く記憶に残りそうです」と作品に対して格別な熱い愛を送ってくれた視聴者に感謝の気持ちを伝えた。

続いて「オン・ジョンソンと共に過ごした時間は忘れることができないでしょう。小さいながらもまた一歩踏み出した気持ちです。視聴者の皆さんにも温かいオン・ジョンソンによりヒーリングされた時間だったと思います」と愛情をそのまま表わした。

最後にヤン・セジョンは「オン・ジョンソンの喜びと悲しみに共感してくださった視聴者の方々がおられたからこそ、オン・ジョンソンとして生きているあいだ幸せでした。『愛の温度』と共にしてくださり心から感謝します。一歩成長した、より良い演技でお目にかかります」と再び感謝の気持ちを伝えた。

『愛の温度』のオン・ジョンソンとして女心をしっかりとつかんだヤン・セジョンは自分の真価を完璧に発揮し、存在感をしっかりと刻印させた。デビュー作から新人にふさわしくない演技力で視聴者たちと関係者たちの注目を集めた「怪物新人」は2年ぶりに地上波の主人公を引き受けて「信じて見る」旬の俳優に成長した。感情の流れを逃さない繊細で安定した演技で感性職人、恋愛演技の達人、国民年下男子という修飾語を得た。
  • スタートゥデイ チン・ヒョンチョル記者
  • 入力 2017-11-22 09:50:17