トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「法廷プリンス - イ判サ判 -」3・4話 パク・ウンビン、人質の危機に続きチ・スンヒョンの登場で混乱

「法廷プリンス - イ判サ判 -」3・4話 パク・ウンビン、人質の危機に続きチ・スンヒョンの登場で混乱

「法廷プリンス - イ判サ判 -」3・4話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「法廷プリンス - イ判サ判 -」3・4話 パク・ウンビン、人質の危機に続きチ・スンヒョンの登場で混乱
『法廷プリンス - イ判サ判 -』パク・ウンビンとチ・スンヒョンが再び会った。

23日に放送されたSBS水木ドラマ『法廷プリンス - イ判サ判 -』(脚本パク・ソイン / 演出イ・グァンヨン)3・4話ではイ・ジョンジュ(パク・ウンビン扮)が性犯罪者に人質に取られる姿が描かれた。

この日、キム・ジュヒョンはイ・ジョンジュを人質にして服を脱ぐか事件記録を燃やすかを選択するように脅迫した。イ・ジョンジュがどちらも選択できずに危機に陥ると、監視カメラですべての状況を見守っていた判事と関係者がサ・ウィヒョン(ヨン・ウジン扮)を呼び出した。

サ・ウィヒョンはハーバード大学でテロリストを捕まえた経歴があったからだ。

以後、サ・ウィヒョンは法廷に入り「イ判事、服を脱いでください」と話した。予想外の要求にイ・ジョンジュとキム・ジュヒョンが驚愕したなかで、サ・ウィヒョンは「私の女になれとは言わないから服は必ず脱いでください」と言った後、法廷を出た。これにイ・ジョンジュは法服を脱いで犯人の視野を遮って逃げ、その隙にチン・セラ(ナ・ヘリョン扮)が乱入して犯人を捕まえることに成功した。

以後、イ・ジョンジュはチャン・スンボク(パク・ジア扮)事件で悩んでいた。上からは他の裁判文に事件を渡すように言われたが、ユ・ミョンヒ(キム・ヘスク扮)はイ・ジョンジュに「何を恐れているのか」と事件を諦めようとする理由を尋ねた。これにイ・ジョンジュは悩んだ末に事件を担当することに決めた。彼女はハン・ボクジャの状態やビデオを新たな証拠として差し出して「私が再度判断してみる」と言って注目を集めた。

そんななか、チェ・ギョンホ(チ・スンヒョン扮)はイ・ジョンジュが人質に取れたという知らせを聞いて怒った。彼は刑務所に入ってきたキム・ジュヒョンに暴行を加えながら「あの女判事に関わったら殺してやる」と言って驚愕させた。これにハ・ヨンフン(ホ・ジュンソク扮)は、チェ・ギョンホの面会に行ってイ・ジョンジュの知らせを伝え、イ・ジョンジュにチェ・ギョンホが作った指ぬきを渡した。

しかし、イ・ジョンジュはチェ・ギョンホの指ぬきを拒絶して混乱に陥った。チェ・ギョンホが未成年者強姦殺人犯だと信じていたからだ。過去、チェ・ギョンホがイ・ジョンジュに「私みたいなものは、いない人間だと思って忘れて生きろ」と言っていた姿も描かれて注目を集めた。

以後、チェ・ギョンホはキム・ジュヒョンを暴行した罪で法廷に立った。イ・ジョンジュは裁判に同席して初めてチェ・ギョンホが被告だという事実を知って驚愕した。それだけでなくチェ・ギョンホは「私は強姦をしていない、殺人犯でもない」としながら、10年以上前の自白を覆して驚愕させた。彼は「この中に真犯人がいる」と話し、ト・ハンジュン(ドンハ扮)を睨みつけ今後の展開に対する好奇心を呼び起こした。
  • スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ
  • 入力 2017-11-23 23:07:39