トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「法廷プリンス - イ判サ判 -」7・8話 ドンハとパク・ウンビンの過去の縁が明らかに

「法廷プリンス - イ判サ判 -」7・8話 ドンハとパク・ウンビンの過去の縁が明らかに

「法廷プリンス - イ判サ判 -」7・8話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「法廷プリンス - イ判サ判 -」7・8話 ドンハとパク・ウンビンの過去の縁が明らかに
『法廷プリンス - イ判サ判 -』ではパク・ウンビンとドンハの過去の縁が描かれた。

30日午後に放送されたSBS水木ドラマ『法廷プリンス - イ判サ判 -』ではイ・ジョンジュ(パク・ウンビン扮)とト・ハンジュン(ドンハ扮)の過去の姿が描かれた。

この日、イ・ジョンジュはト・ハンジュンに「ありがとうございます。判事さんにもありがとうございますと伝えてください」と話した。

ト・ハンジュンは「君の兄さんを刑務所に行かせたのがうちの母なのに、感謝だなんて」と話した。

これにイ・ジョンジュは「進むべき道を教えてくれたじゃないですか」と判事にならなければならない理由を説明した。
  • MBNスター ペク・ユンヒ記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-11-30 22:07:25