トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「アンタッチャブル」4話 チン・グが殺人の濡れ衣を着る…自己最高視聴率更新

「アンタッチャブル」4話 チン・グが殺人の濡れ衣を着る…自己最高視聴率更新

「アンタッチャブル」4話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「アンタッチャブル」4話 チン・グが殺人の濡れ衣を着る…自己最高視聴率更新
自分の出生を否定してひとりで犯人を追って虎の洞窟に入ったチン・グが殺人罪という大きな罠にかかり、今後、キョン・スジン殺害の背後を明らかにできるのか衝撃的な展開を続けた。

『アンタッチャブル』4話はチン・グが妻キョン・スジンを殺した犯人を明らかにするために兄のキム・ソンギュンまで騙して苦労する過程がドラマチックに描かれた。大統領さえも制圧してプクチョン市を掌握するキム・ソンギュンの政治ゲームまでが加わり、一時も油断できない展開が繰り広げられた。

これに『アンタッチャブル』4話の視聴率は3.4%(ニールセンユーロ家具全国基準)を記録し、自己最高視聴率を更新した。

目を離すことができない高速の展開と俳優たちの熱演で今後『アンタッチャブル』の上昇を期待させている。

去る2日に放送されたJTBC金土ドラマ『アンタッチャブル』(演出チョ・ナムグク / 脚本チェ・ジンウォン / 制作キム・ジョンハクプロダクション、ドラマハウス)4話はチャン・ジュンソ(チン・グ扮)とチャン・ギソ(キム・ソンギュン扮)兄弟がそれぞれ異なる歩みを続ける過程が緊迫感あふれる展開で繰り広げられた。

トラック運転手のカン・ムンシク(仮名チョ・テクサン、キム・ジフン扮)が警察署に連行されると、チャン・ジュンソは妻ユン・ジョンヘ(キョン・スジン扮)の殺人がすべてプクチョン市と関連があると、拳銃を抜いて「カン・ムンシク、誰だ?お前の後ろにいるのは!」と問いただした。びくともしないカン・ムンシクに「お前は今日、苦痛なく死ぬ機会を逃したのだ」と話したチャン・ジュンソは一人で背後を明らかにすることを決心する。

チャン・ジュンソはプクチョン海洋の近くの飲食店でユン・ジョンヘが3年前に残酷に暴行を受けたまま逃げたことがあるという事実を調べ、兄のチャン・ギソが社長であるプクチョン海洋とユン・ジョンヘの死が関係しているという考えを固めていく。チャン・ジュンソは事件担当者でありユン・ジョンヘの後輩であるソ・イラ検事(チョン・ウンジ扮)を訪ねていき、ユン・ジョンヘについて尋ねる。チャン・ジュンソはユン・ジョンヘがいなくなった海に飛び込んで「会いたい。君にとても会いたい、ジョンヘ」と恋しがる。ソ・イラはチャン・ジュンソが自殺を試みたと考え、海に飛び込むが、かえってチャン・ジュンソがソ・イラを助けることになる。

チャン・ジュンソはユン・ジョンヘが自分と結婚した当時の名前であるチョ・ミンジュとしてプクチョン海洋の従業員として働いていたことを突き止め、兄チャン・ギソを問い詰める。チャン・ギソは手に握っていたワイングラスを割って、「許すことができなかった、私は」とし「殺したかった」と告白した。しかし、チャン・ジュンソが20年ぶりに笑う姿を遠くから見て、ユン・ジョンヘを殺さなかったと主張した。チャン・ギソは「私がまた狂った奴のように狂奔したな。私はますます父さんに似ていくようだ。お前があんなに嫌いだった父さんに」と話す。

その間、「ヨンおじさん」ことヨン・ハクス(シン・ジョングン扮)はチャン・ジュンソを倉庫に呼びお金を見せて、父親がチャン・ジュンソを選択したと、自分はお金をチャン・ジュンソに投資すると提案する。チャン・ジュンソは「私は父の意のままに生きる考えはまったくありません。以前にもそうだったし、今も同じです。しかし、父という人を忘れはしません」と拒絶の意思と同時に父の過去に対する責任を負う人々にそれもできると話す。チャン・ジュンソは倉庫からユン・ジョンヘが逃げ込んだ食堂の位置を考え、ユン・ジョンヘが倉庫で苦しめられたという心証を固める。

チャン・ジュンソが兄の家に滞在して自分の本音を隠したままユン・ジョンヘの痕跡を探し回っている間、チャン・ギソはブクチョン市を徐々に制圧していく。自分を圧迫してプクチョン市長の座を譲らない叔父チャン・ボムシク(ソン・ジョンハク扮)と彼を助ける義理父ク・ヨンチャン(チェ・ジョンウォン扮)に反撃する会心のカードを取り出す。父が生前に作成しておいた公民党離党書を公民党に提出し、自分も一緒に離党して中央政治から自由にプクチョン市を運営すると話し、大規模な同伴離党を主導する。最終的には地方選挙を控えて危機を感じた大統領までが動いてチャン・ギソを引き留め、チャン・ギソはプクチョン市長として出馬することになる。

ソ・イラはカン・ムンシクを不起訴処分して、カン・ムンシクが警察署を抜け出すことを助ける。しかし、これは上部の要求ではなくチャン・ジュンソの要請によるものであった。カン・ムンシクが車に乗って悠々と消えると、チャン・ジュンソは車両を奪取してカン・ムンシクを海辺の崖の上に連れて行って命をかけた勝負に挑む。一緒に手錠をかけて、弾丸が装填された拳銃をカン・ムンシクに渡した。カン・ムンシクは「お父さんに似ている」と犯人を教えるとチャン・ジュンソに話して刺激し、自分を暴行させる。現場に到着したチャン家の下手人である刑事課長パク・テジン(パク・ジヌ扮)と警察署に到着するとカン・ムンシクは一味によって死んでしまい、チャン・ジュンソがその罪の濡れ衣を着ることになる。果たしてチャン・ジュンソが絶体絶命の危機からどのように抜け出すのか、成り行きが注目される中、ソ・イラがユン・ジョンヘの通話履歴に書かれた番号に電話をかけてみると、チャン・ギソの妻であるク・ジャギョン(コ・ジュニ扮)が受けとり、ユン・ジョンヘが生前にク・ジャギョンとどのような通話をしたのか疑問が高まっている。

予告編では、パク・テジン課長と「ヨンおじさん」、そしてチャン・ギソがつながっている場面が登場して、最終的にユン・ジョンヘ殺人事件の犯人が明らかになるのか期待が高まる。

『アンタッチャブル』は人生のすべてである妻を失い、家族の醜い権力と対抗する次男チャン・ジュンソと、生きるために悪者になった長男のチャン・ギソ、2人の兄弟の異なる選択を描いたウェルメイドアクションドラマだ。毎週金曜日と土曜日の夜11時にJTBCを通じて放送される。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=JTBC放送画面キャプチャ
  • 入力 2017-12-03 08:27:16