トップ > エンタメ > K-POP > SWEET SORROWソン・ジンファン「音楽活動休止…解散ではない」(全文訳)

SWEET SORROWソン・ジンファン「音楽活動休止…解散ではない」(全文訳)


  • SWEET SORROWソン・ジンファン「音楽活動休止…解散ではない」(全文訳)
グループSWEET SORROWのソン・ジンファンが活動停止の意思を明らかにした。

ソン・ジンファンは去る9日、SWEET SORROWの公式ファンカフェを通じて「恋しい友人たちに」で始まる文を投稿した。

ソン・ジンファンは「和音コンサートが終わったある日、兄さんたちに一人ずつ会って話をした。今の状態ではこの仕事を続けるのは難しいと思うと」と説明した。

彼は「19歳に兄さんたちに会い、37歳になった今までひとつの道を歩いてきた。うまく説明するのは難しいが道を歩きながら感じた幸福や喜びほど、何か他のものが私の中に溜まっていったようだ」と打ち明けた。

ソン・ジンファンは「少し前から、このままでは第の健康が危うくなるという感じを受けた。その感じが勘違いではないかをずっと諮問し、むしろより音楽に没頭してみたりもしながら自らを試験し、悩んだ末、一度すべてのことを止めるべきだという結論を下すことになった」と伝えた。

彼は「SWEET SORROWのメンバーであり歌手ソン・ジンファンとして、すべての音楽および対外活動を停止することにした」とし、「SWEET SORROWは私を除いたホジン、ウジン、ヨンウ兄さんがSWEET SORROWカンパニー代表ソン・ヒョン兄さんと一緒に続いていく予定だ」と明らかにした。

最後にソン・ジンファンは「また会うだろうという豪語をするには恐れがあるが、私もまた明らかに、今よりももっと恋しくなるかもしれない。いつかどこかでどんな姿であろうと再会できることを願っている」と仕上げた。

以下は、SWEET SORROWソン・ジンファンの公式ファンカフェ全文

恋しい友人たちに

本当に久しぶりですね?みんな寒い天候に風邪にかからずお元気でいますか。心から皆さんの安否が気になります。

久しぶりにお読みになる私の文が、これまでよりも気に入らない内容であるようで、頭の中が白くなり続け、まったく手が動かないですね。私にも痛みを伴いつらい手紙になるようで、もう何回も失敗した末にこのように再び書き始めます。

ここ数か月間、とても静かだったでしょう。皆さんの心配が深くなるには十分なだけ、デビュー以来最も長い時間ではないかと思います。和音コンサートが終わったある日、兄さんたちに一人ずつ会って話をしました。今の状態では、どうしてもこの仕事を継続するのは難しいと思うと。

19歳で兄さんたちに会い、37歳になった今までひとつの道を歩いてきました。うまく説明するのは難しいですが道を歩きながら感じた幸福や喜びほど、何か他のものが私の中に溜まっていったようです。

続けて努力しましたが、積もるものを止めることはできませんでした。ただし必ず申し上げたいことは、その過程でこの職業の中で私が愛する3つである音楽とメンバーたちと、また皆さんに対することについてたった一つの偽りもなかったということです。

少し前から、このままでは私の健康が危うくなるという感じを受けました。その感じが勘違いではないかをずっと諮問し、むしろより音楽に没頭してみたりもしながら自らを試験し、悩んだ末、一度すべてを止めるべきだという結論を下すことになりました。

私が大変で、勝ち抜くために、それなりに努めているということは、すでにずいぶん前から兄さんたちも知っていました。しかし、本当に限界が来たようだという話は初めてで、おそらくメンバー皆に時間が必要だったと思います。

大きな衝撃と不安感とさまざまな複雑な気持ちでとても大変だったことははっきりしていたにもかかわらず、兄さんたち皆終始暖かく私の話を聞いてくれ、一度しばらくすべてのことを止め、皆一緒に休む間、できるだけ気楽にいてみようという話までしてくれました。

そうして前回の秋のフェスティバル公演を除いては、チームの活動を停止し、各自考えてみる時間を持ちました。

皆さんには本当に申し訳ない時間でした。気持ちを楽に休もうと言葉は言ったけど、私たち今ちょっと休んでいます~と皆さんに楽に申し上げることはできませんでしたね。なぜかそうすることができませんでした。そうやって皆に心配をかけ、この申し訳ない気持ちをどうすればいいでしょうか。

最近皆一緒に集まって再び数回話を交わし、結局今になってこのように、近況ではなくつらい挨拶を伝えることになりました。これもまた兄さんたちが、自分たちの悩みを努めて抑え、同僚である以前の弟として私に温かくアドバイスしてくれた結果です。

正式的に私はもうSWEET SORROWのメンバーであり歌手ソン・ジンファンとして、すべての音楽および対外活動を止めることにしました。SWEET SORROWは私を除いたホジン、ウジン、ヨンウ兄さんがSWEET SORROWカンパニー代表ソン・ヒョン兄さんと一緒に続いていく予定です。

ラジオに送っていただいた事情、兄さんたちの冗談、私たちが一緒に作っていった数多くの公演、すべて新鮮に思い浮かびます。どれだけ私という人間に栄光な時間だったのか、考えれば考えるほどよりそう感じられます。

私はSWEET SORROWというチームのものすごいファンです。そして、ファンとして私が期待する何かをしてみようとより努力をしました。これからは皆さんと同じ心で、今までよりももっと大きな愛と応援と尊敬を送ろうと思います。

どうか皆さんも今までよりももっと大きな力を出すことになるSWEET SORROWに向かって、より大きな愛と応援の気持ちを送っていただくとこを切にお願い申し上げます。

また会えるだろうという豪語をするには恐さがありますが、私も明らかに、今よりももっと恋しくなるでしょう。いつかどこかでどんな姿であれ再会できることを願います。

もう一度とても文章で表現できないだけに申し訳ありません。そして過去12年間、皆さんのおかげでとても幸せでした。

ありがとうございます。

愛しています。

2017年12月9日
  • MBNスター ペク・ヨンヒ記者 / 写真=MBNスターDB | (C) mk.co.kr
  • 入力 2017-12-10 09:49:07