トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「憎くても愛してる」22話 INIFINITEソンヨル-イ・ドンハ、ピョ・イェジンをめぐる激突を予告

「憎くても愛してる」22話 INIFINITEソンヨル-イ・ドンハ、ピョ・イェジンをめぐる激突を予告

「憎くても愛してる」22話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『憎くても愛してる』イ・ビョンジュンがソン・オクスクの本心を知って感動した。

13日に放送されたKBS1連続ドラマ『憎くても愛してる』で、チョン・グンソプ(イ・ビョンジュン扮)がキム・ヘンジャ(ソン・オクスク扮)と一緒に保育園のボランティアを行った姿が電波に乗った。

この日、キル・ウンジョ(ピョ・イェジン扮)はホン・ソクピョ(INIFINITEソンヨル扮)を訪ねキム・ヘンジャに男ができて嫌だと悩みを打ち明けた。しかし、ホン・ソクピョはむしろ「よかったのではないのか。社長の立場としては祝われる出来事だ」と話した。

つらくて癒されたかったキル・ウンジョは、最終的にホン・ソクピョに空しさを爆発させた。これにホン・ソクピョも「俺よりも近い人がいるんじゃないのか」とし、ピョン・ブシク(イ・ドンハ扮)を意識してはね返した。キル・ウンジョは「私たちはどんな仲だ?パニック障害を告白するほど近いと思ったのに違ったようだ」とその場を去った。

以後キル・ウンジョはピョン・ブシクに会いホン・ソクピョに打ち明けた同じ悩みを話した。ピョン・ブシクはホン・ソクピョとは異なりキル・ウンジョが聞きたかった言葉で慰めてくれた。ピョン・ブシクは「社長の彼氏、押し出して受け入れることもない。見守るのが一番いい」とアドバイスをしながらも、「結婚をするなら法的な問題が生じて変わってくるだろうが」と憂慮を示した。

そうかと思えば、キム・ヘンジャは自身が所有して後援する保育園でチョン・グンソプとボランティア活動を行った。チョン・グンソプはキム・ヘンジャの意外な姿に驚く一方で、キム・ヘンジャが保育園で育ったという告白を聞いて感動と尊敬を見せた。

これとは異なり、キル・ウンジョはキム・ヘンジャと毎年一緒に行った保育園に自分ではなくチョン・グンソプと行ってきたという事実を知り一人で涙を流した。また、弟キル・ミョンジョ(コ・ビョンワン扮)に「私の場所を奪われたようだ」と嫉妬を示した。キル・ウンジョはかつてキム・ヘンジャを母として受け入れても、自尊心のため表面では不平を言っていたのだ。キム・ヘンジャは姉弟の会話を盗み聞きし、チョン・グンソプを紹介しなかったことを後悔した。

一方、チョン・グンソプが娘チョン・インウ(ハン・ヘリン扮)に本心を打ち明ける姿も描かれた。チョン・グンソプはキム・ヘンジャを裏調査し、接近した理由は金のためだったことを告げた。しかし、彼は「ある瞬間金ではなく人が見えた。厳しい歳月、大変だっただろうと思い母をも思い出した。今日は暖かくて情の深い心も見えた」とし、ボランティアに行ってきて過ちを悔い改める容貌を表わした。

トン・ミエ(イ・アヒョン扮)は大学の先輩ク・チュンソ(キム・ボプレ扮)に会ってデートを楽しんだ。トン・エミは息子が弁護士であるためお小遣いも多めにあり良い暮らしをしていると話した。しかし、チャン・ジョンスク(パク・ミョンシン扮)が2人をこっそり見守り嫉妬し、ついにカフェ放送でトン・ミエが美容補助として働くという事実を暴露して恥をかかせた。トン・ミエはク・チュンソの前で恥ずかしいと後ろに振り返ったのに対し、ク・チュンソは過去よりも現在の出会いがより重要だと話した。

ク・ジョンヒ(ソン・ユヒョン扮)はホン・ソクピョとキル・ウンジョの関係が尋常でないという事実と一緒に、キム・ヘンジャのものすごい財産状態を知ることになった。これに彼はホン・ソクピョに「キム社長に男ができた。その男がキル・ウンジョを望まないならキル・ウンジョに財産が一銭も行かない」とキル・ウンジョの交際をあからさまに反対した。ホン・ソクピョはようやく自分に悩みを打ち明けていたキル・ウンジョの気持ちを理解した。

放送末尾、ピョン・ブシクとホン・ソクピョがキル・ウンジョに会いに質屋を訪れ再会した。ピョン・ブシクが「今答える時になったようだが」とホン・ソクピョにキル・ウンジョに対する感情を尋ねた。これにホン・ソクピョが「俺、ウンジョさんが好きだ」と答えた。ちょうどキル・ウンジョが2人の前に登場し、今後のホン・ソクピョとピョン・ブシクの激突を予告した。
  • スタートゥデイ ホ・ウンギョン記者 / 写真=KBS1放送画面キャプチャ
  • 入力 2017-12-13 21:31:00