トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「憎くても愛してる」24話 ピョ・イェジン、ソン・オクスクの恋愛をクールに認める

「憎くても愛してる」24話 ピョ・イェジン、ソン・オクスクの恋愛をクールに認める

「憎くても愛してる」24話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「憎くても愛してる」24話 ピョ・イェジン、ソン・オクスクの恋愛をクールに認める
『憎くても愛してる』ピョ・イェジンがソン・オクスクの恋愛を受け入れた。

15日に放送されたKBS1連続ドラマ『憎くても愛してる』で、キル・ウンジョ(ピョ・イェジン扮)がキム・ヘンジャ(ソン・オクスク扮)の恋愛事実を受け入れる姿が電波に乗った。

この日、キル・ウンジョはチョン・グンソプ(イ・ビョンジュン扮)がキム・ヘンジャ(ソン・オクスク扮)を訪ねてきて、たい焼きを渡す姿を目撃した。以後パク・ボグム(ユン・サボン扮)の説得でキル・ウンジョは心を入れ替えた。何故ならパク・ボグムが「最近、社長が幸せそうだ」と言ったからだ。

キル・ウンジョはキム・ヘンジャがホン・ソクピョ(INIFINITEソンヨル扮)に父親のパニック障害の話をしたという話を聞き、「どれほど自尊心の強い人なのにそんな話をなぜしたのか」と声を上げた。続いて、キル・ウンジョは誤解を解こうとホン・ソクピョに電話をした。しかし、ホン・ソクピョは「今日は家で用事がある。近いうちに連絡する」とキル・ウンジョを避けて会えなかった。

キル・ウンジョは「ちゃんと始まりもしていないのに終わってしまった」と残念な気持ちを吐露した。以後、キル・ウンジョはキム・ヘンジャの恋愛する姿を目撃してショックを隠せなかった。しかし、彼女はパク・ボグムのアドバイスを聞いて、徐々に心を引き締めた。

結局、キル・ウンジョはキム・ヘンジャに「おばさんがしたいようにしな」とチョン・グンソプとの恋愛をクールに認めた。しかし、キム・ヘンジャは「お前たちが嫌ならすぐにやめる」と答えた。しかし、キル・ウンジョが「おばさん、最近幸せじゃないか。私はそれを止める権利はない」と言った。

そうかと思えば、キル・ウンジョはピョン・ブシク(イ・ドンハ扮)の家庭状況のために結婚を躊躇するようになった素直な気持ちをパク・ボグムに打ち明けた。パク・ボグムはそんなキル・ウンジョの心情をキム・ヘンジャにそのまま伝達した。

キム・ヘンジャがトン・ミエ(イ・アヒョン扮)を訪ね、「弁護士、両班でもいいが、私たちのウンジョの相手には困難だ。わがままで思慮分別がないものの心も深く情も多く可愛そうな子だ。きちんとしたところに嫁に行ってたくさん享受してあげたい」と打ち明けた。これにトン・ミエは「ウンジョとブシクはそこもそこだが、お互い良ければいいではないか」と問い詰めた。しかし、キム・ヘンジャはキル・ウンジョがピョン・ブシクの状況に失望したとし、結婚相手として難しいと明らかにした。

そうかと思えば、ク・チュンソ(キム・ボプレ扮)はトン・ミエと再婚を念頭に置いているという事実をホン・ソクピョに告白した。ク・チュンソは「この前初恋の相手に会った。あちらも息子1人を育てながら暮らす。急がれるわけではない、ゆっくりと会ってみるつもりだ」と打ち明けた。
  • スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者 / 写真=KBS1放送画面キャプチャ
  • 入力 2017-12-15 21:30:00