トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > [2018ドラマ]チャン・ドンゴン-コ・ヒョンジョンの帰還ほか、期待作多数

[2018ドラマ]チャン・ドンゴン-コ・ヒョンジョンの帰還ほか、期待作多数


  • [2018ドラマ]チャン・ドンゴン-コ・ヒョンジョンの帰還ほか、期待作多数
2018年戊戌年にもお茶の間には期待作が豊富に準備されている。

2017年にはtvN『鬼<トッケビ>』を皮切りにSBS『被告人』、『耳打ち』、KBS2『キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~』、MBC『君主-仮面の主人』、『逆賊-百姓を盗んだ盗賊』、tvN『秘密の森』、OCN『ボイス』、『トンネル』など多様なジャンルの作品が視聴者の愛を受けた。

これらの作品の人気を引き継ぎ、視聴者を楽しませる2018年ドラマ期待作を集めた。

  • [2018ドラマ]チャン・ドンゴン-コ・ヒョンジョンの帰還ほか、期待作多数


◆ 「LIVE」…ノ・ヒギョンxキム・ギュテ完璧ケミに期待

tvN『ライブ~君こそが生きる理由~』は、派出所で起きる事件事故を中心に、日常の大切な価値と素朴な正義を守るために努力する警官の哀歓と傷を描くドラマだ。

これまで権力の象徴にだけ描かれてきた警察の姿を新たに解き明かす作品で、警察の制服の後ろに隠された人間的な話を愉快で共感できるよう描き出す予定だ。

中でも『大丈夫、愛だ』、『その冬、風が吹く』などで最高の呼吸を見せたノ・ヒギョン作家とキム・ギュテPDのタッグで話題を集めている作品だ。ここにチョン・ユミ、イ・グァンス、ぺ・ソンウ、ペ・ジョンオクなどカラーのある俳優たちの豊かな演技アンサンブルを予告し期待を高めている。『ライブ~君こそが生きる理由~』は韓国にて2018年3月初放送予定だ。

  • [2018ドラマ]チャン・ドンゴン-コ・ヒョンジョンの帰還ほか、期待作多数


◆ 「ミスター・サンシャイン」…キム・ウンスクxイ・ウンボクが3連続ヒット狙う

tvN『ミスター・サンシャイン』は辛未洋擾(1871年)に軍艦に乗船し米国に落ちた一人の少年が米国軍人として祖国である朝鮮に戻り駐屯し巻き起こる出来事を描いたドラマだ。

『ミスター・サンシャイン』はKBS2『太陽の末裔』、tvN『鬼<トッケビ>』で幻想的な相性を見せたキム・ウンスク作家とイ・ウンボク監督が三度目の作業となる作品であり、出演陣もまた豪華だ。イ・ビョンホン、キム・テリ、ユ・ヨンソク、ピョン・ヨハン、キム・サランなどが出演する。事前制作され来る6月末から7月頃の放送を予定している。

  • [2018ドラマ]チャン・ドンゴン-コ・ヒョンジョンの帰還ほか、期待作多数


◆ 「リターン」…コ・ヒョンジョン1年ぶり復帰そしてイ・ジヌク

SBS『リターン』は遅咲き土スプーン弁護士と経歴断絶のペーパー弁護士が上流階級殺人事件の共同弁護を担い巻き起こる法廷スリラーだ。『被告人』、『耳打ち』、『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~』、『あなたが眠っている間に』、『法廷プリンス - イ判サ判 -』などSBS法廷ドラマの人気を引き継ぐ作品として関心を集めている。

中でも『リターン』は女優コ・ヒョンジョンがtvN『ディア・マイ・フレンド』以降1年ぶりに選んだお茶の間復帰作であるため関心を集めている。コ・ヒョンジョンはTV法廷ショー「リターン」の進行役であり土スプーン弁護士チェ・ジャヘ役を演じ、強力系刑事ドッコ・ヨン役のイ・ジヌクと呼吸を合わせる。『リターン』は『法廷プリンス - イ判サ判 -』の後続作品として1月17日初放送される予定だ。

  • [2018ドラマ]チャン・ドンゴン-コ・ヒョンジョンの帰還ほか、期待作多数


◆ 「スーツ」…6根ぶりお茶の間に帰ってくるチャン・ドンゴンの選択

KBS2『SUITS/スーツ』は、現在米国で7シーズンが放送されている人気ドラマ。世界ではじめて韓国でリメイクされる作品だ。チャン・ドンゴンとパク・ヒョンシクの出演のニュースが伝えられ、すでに話題を集めている。

6年ぶりにブラウン管に復帰するチャン・ドンゴンは『SUITS/スーツ』にて、韓国最高のローファームの伝説的な弁護士チェ・ギョンソ(チェ弁)役を演じ、成功した男のセクシーな余裕とカリスマを発散させる予定だ。昨年『完璧な妻』で復帰した妻コ・ソヨンに続きブラウン管復帰を成功させられるか注目される。『SUITS/スーツ』は今年上半期放送予定だ。

◆ 「キングダム」、「小さな神の子どもたち」など期待作豊かに

この他にも多彩な作品が2018年視聴者を待っている。『シグナル』を執筆したキム・ウンヒ作家は世界的ストリーミングサービスNetflixを通じて公開される『キングダム』を披露する。『キングダム』は、朝鮮の王世子が謎の疫病を調査する課程にて、国全体を脅かす残酷な真実を明かす物語を描く朝鮮版ゾンビスリラーで、チュ・ジフン、ペ・ドゥナなどが出演する。100%事前制作され、今年上半期公開予定。

『それが知りたい』の作家出身であるハン・ウリ作家のドラマデビュー作となるOCN『小さな神の子どもたち』も期待作のひとつ。『小さな神の子どもたち』は「ファクト-論理-数字」だけを信じるIQ167エリート刑事チョン・ジェイン(カン・ジファン扮)と、「見てはいけないもの」を見る神技のある女性刑事キム・ダン、まったく違う二人が出会いベールに包まれた巨大組織にまつわる陰謀を追跡する追跡スリラーだ。『バッドガイズ2』の後続作として放送される。

シーズン2も公開される。『町の弁護士チョ・ドゥルホ』、『推理の女王』、『シグナル』など人気のうちに放送終了した作品の後続シーズンが2018年に公開される。また『秘密の森』を執筆したイ・スヨン作家の新作であるメディカルドラマもJTBCを通じて公開される予定だ。

ある放送関係者は「2018年には2017年よりもっと多様な作品が公開される展望だ。たくさんの期待作があるが、披露される作品ごとにヒット街道にのぼりシンドロームを巻き起こすキム・ウンスク、ノ・ヒギョン作家の作品が断然目に飛び込む。久しぶりにドラマに復帰するチャン・ドンゴンとコ・ヒョンジョンも注目すべき点」だとし「作品数に加えて期待作が多いことは放送街の活性化はもちろん、俳優たちにも幅広い機会が生じるという点から歓迎されること」だと話した。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 / 写真=スタートゥデイDB、各制作会社
  • 入力 2018-01-02 07:01:06