トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ミスティ」キム・ナムジュ「私がしなければ後悔する作品」

「ミスティ」キム・ナムジュ「私がしなければ後悔する作品」


  • 「ミスティ」キム・ナムジュ「私がしなければ後悔する作品」
JTBC上半期の期待作『ミスティ』が6年ぶりに大韓民国最高のアンカーとしてドラマに復帰したキム・ナムジュのキャラクターポスターを公開した。魅惑的な目つきでフレームをいっぱいに満たしたキム・ナムジュが手に入れたくて奪いたくて守りたかったのは何だろうか。

来る2月2日に初放送されるJTBC新金土ドラマ『ミスティ』(脚本ジェイン、演出モ・ワンイル、制作クル&クリム)は、殺人事件の容疑者として指名された大韓民国最高のアンカーコ・ヘラン(キム・ナムジュ扮)と彼女の弁護人になった夫カン・テウク(チ・ジニ扮)、彼らが信じていた愛の素顔を見せる激情メロドラマだ。キム・ナムジュは5年目の今年のジャーナリスト賞を独占、存在だけでも信頼という言葉を代弁する大韓民国最高のアンカーコ・ヘラン役を引き受けた。

独歩的なキャラクター消化能力で作品に出演するたびにシンドロームを起こしてきた視聴率の女王キム・ナムジュ。「台本を読みながら初めて『このドラマは私がしなければ後悔するだろう』と思った」とし、6年ぶりの復帰作として『ミスティ』を選択した理由を明らかにした。

彼女は「ヘランがあまりにも完璧な人物であるため、キャラクターを作るのは容易ではなかったが、自分の位置を維持するために最善をつくすヘランのように、そして『40代にこのようなキャラクターに会えるだろうか』という考えに最善を尽くしている」と言って期待を高めた。

7年目の9時のニュースのアンカーの座を守っている信頼性1位のジャーナリストであり、名望のある法曹界一家の一人息子テウクの妻、しかも生まれ持った美貌と輝く知性まで兼ね備え、すべてのものを持つかのように完璧に見えるヘランが、ある日殺人事件の有力容疑者として警察に召喚され、成功の先に上がってやるという執念一つで走ってきた日常に亀裂が生じる。これまで率直で愛らしい姿で視聴者たちをひきつけたキム・ナムジュの別格な演技変身が待たれる理由だ。

関係者は、「キム・ナムジュが誰にとっても羨望の対象である大韓民国最高のアンカーコ・ヘランを表わすために情熱を注いでいる。先月に行われたポスター撮影現場でも見た目には完璧だが、そのために激しくギリギリの人生を生きているヘランを目一つ、表情一つを完璧に表現した」と伝え、名前だけでもドラマファンたちをときかせるキム・ナムジュの活躍を期待させた。

一方、『ミスティ』は『ドラマスペシャル - シリウス』、『ビューティフル・マインド』を演出したモ・ワンイルPDのJTBC初めての作品で、ジェイン作家が執筆を引き受け、カン・ウンギョン作家がクリエイターとして参加する。『アンタッチャブル』の後続として2018年2月2日に初放送される。
  • スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者 / 写真=ドラマポスター
  • 入力 2018-01-03 09:27:38