INFINITE(インフィニット)ホヤ、歌手になろうと学校を辞めた

父親と8年間連絡せず 

INFINITE(インフィニット)メンバーのホヤが自主退学後、父親との関係が遠ざかったことを明かした。

最近「セバキ」の録画には俳優イム・ヒョンジュン、コメディアンのシム・ヒョンソプ、歌手ホン・ジニョン、グループINFINITE、Girls Day(ガールズデイ)等がゲストとして出演し「噂の親孝行特集」が進行された。

ホヤはこの日「両親に内緒で高校を自主退学した後、父親との会話が断絶した」と打ち明けた。警察大学進学を目標に学業にまい進していたホヤは中3の時に歌手を夢見るようになり、自主退学を決心したという。

彼は「元々、父親との仲が良くはなかったが、自主退学以降さらに悪くなった。8年間連絡をせずに過ごした」と明かして周囲を驚かせた。

一方ホヤは「幼い時は両親が買って欲しいと言ったものを全て買ってくれ、僕らの家はうまくいってると思っていたが、実際には家には赤い札が貼られる程に負債が多く大変だったんです。お金を稼ぐようになってその負債をすべて返済した」と付け加えて、真の「親孝行」としての面を表してスタジオを温かくした。

ホヤの話は26日夜11時15分「セバキ」で放送される。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-07-25 22:07:12