トップ > エンタメ > TV・映画 > 「チプサブイルチェ」イ・スンギ「師匠に会う最初の瞬間が難しい」

「チプサブイルチェ」イ・スンギ「師匠に会う最初の瞬間が難しい」


  • 「チプサブイルチェ」イ・スンギ「師匠に会う最初の瞬間が難しい」
『チプサブイルチェ』イ・スンギがプログラムの趣旨に対する考えを伝えた。

5日、ソウル陽川区木洞SBSホールで開かれたSBSバラエティプログラム『チプサブイルチェ』の制作発表会で、イ・スンギは「師匠に会って教訓を得ることが目的だ」とし「2回ほど撮影をしたが、師匠に初めて会った時当惑した場合が難しい」と話し始めた。

続いて「『チプサブイルチェ』の師匠はほとんど知らない方々が出てくるので、親しくなりすぐに何かを続けていくバラエティではない」と話した。

また、彼は「私も以前にバラエティをしていた人なので、常に笑いが続かなければならないような強迫がある人だ。後で放送で確認していただき、最初と最後がとても変わっている姿を見ていただければいいと思う」と願いを伝えた。

この日現場にはイ・セヨンPDをはじめ、イ・スンギ、イ・サンユン、BTOBユク・ソンジェ、ヤン・セヒョンらが参加した。

『チプサブイルチェ』は疑問符に満ちた青春たちとマイウェイ奇人「師匠」の同苦同楽人生課外を扱ったプログラムだ。毎週日曜日午後に放送される。
  • MBNスター ペク・ユンヒ記者 / 写真=MKスポーツ提供 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-01-05 11:40:32




      • facebook icon
      • twetter icon
      • RSSFeed icon
      • もっと! コリア