トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「憎くても愛してる」46話 ソン・オクスク、ピョ・イェジンの養子縁組決心に喜びの涙

「憎くても愛してる」46話 ソン・オクスク、ピョ・イェジンの養子縁組決心に喜びの涙

「憎くても愛してる」46話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「憎くても愛してる」46話 ソン・オクスク、ピョ・イェジンの養子縁組決心に喜びの涙
『憎くても愛してる』ソン・オクスクがピョ・イェジンの養子縁組の決心に喜びの涙を流した。

16日に放送されたKBS1連続ドラマ『憎くても愛してる』46話では、キル・ウンジョ(ピョ・イェジン扮)がキム・ヘンジャ(ソン・オクスク扮)の養子縁組なることを決意する姿が描かれた。

この日の放送でキル・ミョンジョ(コ・ビョンワン扮)は、「おばさんの下に入ろう。おばさんの願いだっていうじゃないか」とキル・ウンジョに養子縁組の意思を尋ねた。これにキル・ウンジョは快く決心できず、キル・ミョンジョは「おばさんの言う通りすると、僕がお父さん、お母さんの息子じゃないのではないじゃないか。それは姉さんも同じで」と言った。しかし、キル・ウンジョが答えられなかった本音は自分が拾い子であることを知っているためだった。

結局2人はキム・ヘンジャに「私たち、おばさんの下に入るよ。お母さんとお父さんに今許可を受けて来るところだ」と話し、キム・ヘンジャは感動して喜びの涙を見せた。

一方、チョン・グンソプ(イ・ビョンジュン扮)はキム・ヘンジャに腰を低くして入った。これにキム・ヘンジャはカードを押収し、キル・ウンジョとキル・ミョンジョを養子にすると通知した。チョン・グンソプは養子縁組の知らせに自分が描いた絵に支障が生じることを検出し、顔が固まっていった。これに彼は金庫の中からキム・ヘンジャの印鑑を盗み、建物の契約金の一部を現金で横領した。

一方、『憎くても愛してる』は幼い頃から波乱万丈な人生を生きてきて最終的にすべてを失い、新たに始めた時期に皮肉にも人生の花を咲かせる女性の人生を追いながら、私たちを支える最大の価値は血筋でも法でもないまさに人間間で満たされる人間間の正義であり愛だという話を盛り込んだヒューマン家族ドラマだ。
  • MBNオンラインイシューチーム / 写真=KBS1放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-01-16 22:22:00