トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」最終回 ペク・ジニ&チェ・ダニエル、痛快で幸せな結末迎える

「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」最終回 ペク・ジニ&チェ・ダニエル、痛快で幸せな結末迎える

「ジャグラス」16話(最終回) 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」最終回 ペク・ジニ&チェ・ダニエル、痛快で幸せな結末迎える
『ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~』が幕を下ろした。

23日に放送されたKBS2月火ドラマ『ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~』(脚本チョ・ヨン / 演出キム・ジョンヒョン、カン・スヨン)16話では痛快なハッピーエンドが描かれた。

この日、チャ・ユニ(ペク・ジニ扮)はYB百貨店の顧客センターに左遷された。この事実を知らせたのはチョ常務(イン・ギョジン扮)だった。

これにナム・チウォン(チェ・ダニエル扮)は「不意打ちに注意しろ」と忠告した後、プレゼントとして大量の飴を渡した。そしてチャ・ユニが戻ってこれるようにすると約束した。

以後、チャ・ユニは顧客センターで業務を行っていたとき重要な事実一つを発見した。アメリカン・ピクチャーズがYB百貨店の商品券を毎年数百億ずつ買い入れているという事実だった。これにナム・チウォンと職員たちは機転をきかせてアメリカン・ピクチャーズに攻め入って、チョ常務が賄賂を受け取ってきたという状況を確認した。

それだけでなく、マ・ボナ(チャ・ジュヨン扮)まで改心させた。マ・ボナはチャ・ユニと会って、チョ常務が代価として受け取ったことを証明する資料を渡した。また「とても遅れてしまったけど、今からでもあなたの友人に戻れますか」と尋ね、チャ・ユニは「あなたが私の友人でなかったことがない」と答えた。

以来、マ・ボナはチョ常務のもとを訪ねて辞表を出し、ナム・チウォンと職員たちたちは夜を徹してすべての証拠を整理した。もちろんチョ常務もじっとしていなかった。チョ常務はク・ゲヨン(パク・ギョンヘ扮)に証拠を処理させようとしたが、これに気付いたナム・チウォンとチャ・ユニ、従業員たちが先回りをした。

結局、ナム・チウォンは証拠を無事に守ってチョ常務の不正を暴くことに成功した。彼はチャ・ユニに「これで約束を守れたでしょうか」と尋ねて笑顔を見せたが、チャ・ユニは「まだです。私の家に入らないと、入居者様」と答えた。以後、ナム・チウォンはチャ・ユニの家に入って甘い雰囲気を作り出した。

一方、ト・テグン(キム・チャンワン扮)の退任とチョ常務の懲役生活が描かれた。チョ常務は過去のことを反省し、マ・ボナはチョ常務と面会して温かいエンディングを結んだ。また、ファンボ・ユル(イ・ウォングン扮)は会社を退社してeスポーツ事業を開始し、ワン・ジョンエ(カン・ヘジョン扮)はファンボ・ユルと一緒に過ごしながら「自分が望んだ仕事ができて幸せだ」と話した。

そのような中で、チャ・ユニとナム・チウォンの幸せな姿が描かれた。2人はお互いに愛情を隠さず、一緒に仕事をしてデートするハッピーエンドを描いた。
  • スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者 / 写真=KBS2放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-01-23 23:06:01